スマートフォン解析

【Club】 ハイスペックだが、興味を持っていない男に誘われた時の対策(何故ツーマンセルが大事なのか)

合コンでも同じクラスでも会社でもなんでもいいのですが、ハイエンドよりや将来性のありそうなひとに誘われたはいいが、気持ちが乗らないという場合はままあるでしょう。

 

2〜3回会ってれば相手のことがわかってきて居心地は良くなるというのはありますが、そうなると今度はがっつり目に来て、付き合ってくださいモードになったり、こっちのレベルが低いと付き合ってるよねモードに入ってきて、やりづらくなる局面も出てきがちです。

 

こういう時に便利なのが、ツーマンセルモードです。

気心の知れた出来れば自分より可愛い人を相方にして3人で遊ぶようにします。相方に彼氏がいるいないはどっちでも構いません。

 

いったい私の何が気に入ったのかを問い詰め続ける効果があるのと、二人の女性を相手にしないといけないので、相手のコミュ力もモテ度も上がってきます。女2人男1人って、言うほどない組み合わせだからです。

 

この組み合わせだと、セクトラにも持って行けず、人数的に女性の方が上手になるので基本女性側が主導権を握れるし、逆に男性側にエスコート能力を要求することも気軽にできます。

 

また、構造上、男性の方が下手なのに両手に花状態なのでディスりもしやすいわけです。いくらディスってもはたから見たら女の子2人を引き連れている謎のモテ男だからです。気分を害しにくい効果があるわけです。

 

さて、実はツーマンセルの本当の効用はそこではありません。

 

ある意味、絶対にツーマンセルにしておかないといけないくらいの理由が別にあるんですよ。

それをクラブで解説しておきます。

 

続きはクラブで

 

 

molove.hatenablog.com