スマートフォン解析

ナチュラルに処女性が高い人の欠点

100人に一人くらいナチュラルに処女性がスーパー高い人がいます。

 

普通に生活しているとまず出会うことはありません。それはある意味今回の記事が理由なんですが、その人が興味を持っているジャンルで人を集めるとたまに混じってくるという感じで召喚することができることがあります。

 

 

処女性が高いのでいきなり仲良くなれます。全く警戒心のない態度を取れていて、誰に対しても同じように接します。

自分で自分のことを自虐的にディスりながら、場の雰囲気を和やかにして緊張感を和らげつつ、できるだけみんなが会話に参加できるように気配りしたりします。

その人がいるだけで場がまとまり、楽しくなれるわけです。

 


で、そういう人であっても、そういう自分の力を100%発揮できていないところがあります。

 

それはそれだけ処女性が高くても、ベースの考え方がやっぱり恋愛テンプレ脳なんですよね。


処女性が高いが故にまわりの考えを理解し、合わせようとするところがあり、行動様式が恋愛テンプレ脳なんですよ。

 

要するにみんなで集まるときはその処女性の高さをフルに発揮するのですが、1 on 1だと恋人候補としか遊ばないというのがあります。
話のネタは自分の仕事とか、その辺から拾ってくるだけなんですよね。

 

そして、たいていその恋人候補の人もめっちゃ恋愛テンプレ脳で、相方の幅広い交友関係を警戒しており、付き合っていると、そういうところに行ってくれるな的なプレッシャーをかけてきて、その人もそれに追従しちゃうわけです。結果、処女性が下がっていくというパターンが結構あります。

 

 

恋愛モンスターの場合は、論理的な可能性はちゃんと理解しているので、その辺は自分の拡張性一杯一杯広げられるので、そういうナチュラルスーパー処女性が高い人ほどのパフォーマンスは出せなくとも、こつこつと積み上げていけば、時間が経ったときに大きな差となって現れてきたりするわけです。

 

そういうのもあって、ナチュラルに処女性が高い人に嫉妬する必要もないわけです。時間をかければ、絶対に勝てるからです。