スマートフォン解析

喜びや幸せを得るには、愛する人を増やすしかない

無料風俗嬢をやって、寂しさを紛らわしている人がいます。

 

別の言い方をすると、彼氏(セフレ)を作って、寂しさを紛らわしている人がいます。

 

れんモスのような信頼関係がある人がいるわけでないわけです。

 

そこで、実質セフレの彼氏をつくることで、彼氏がいない人に対してマウントとりながら、自己評価をごまかしているわけです。

 

相手の男にとっては、無料でセックスできて、それでいて、結婚してほしいとかのプレッシャーもないので、都合の良すぎる女になっているわけです。

 


年齢が上がってくると、同性でも見えないバックグラウンドが出てくるし、異性だと処女性は上がっていても空気を読まない力が強くないとイニシアチブはとれません。

要するにすぐには信頼できないと感じているわけです。

 

で、セックスまでしているなら、愛されている、というか、必要とされている、少なくとも肉便器としてという部分に保証を求めてしまっているわけです。


この負の流れを逆転させるには、相手の気持ちなんか無視して、ひたすら愛していくことです。

愛していくとは、要するに母親が子供を案じるような気持ちで相手のことを案じるだけです。

 

母親に愛情を感じて、愛情を返そうとする子供はあまりいません。普通に育っていれば、それは当然あるものと感じているからです。
と同時に、絶対に裏切られないその愛情に心地よさも感じているわけです。


それをれんモスでもれんモス候補でも与えていきます。
その意味ではれんモスを作ることでも、50時間を目指すことも必要ないんですよ。