スマートフォン解析

【Q&A 264-2】 できるだけ多くの人と信頼関係を積み上がることでしか、信頼できる人とは結婚できない

信頼関係を築くには相手のことをよく知っておかないと無理なのは分かると思います。

 

恋愛感情は期待と不安からなりますが、それは要するに相手のことが分かっていないから、自分のことを好きなのかもという勝手な期待が生まれ、そうじゃないのかもという不安が起こるわけです。

 

その意味で恋愛感情は、信頼関係と相性がかなり悪いんですよね。

 

また、信頼関係がどういう状態であるのかを知っていないと、そもそも今の状態が信頼関係が成り立っているかどうかの判断も出来ないでしょう。

 


結婚というのは、嫌でもいろんな問題が生じてきます。
家事育児から転勤、転職、浮気疑惑まで様々です。

 

最近、できちゃった結婚したれんモスが、結婚してみたら相手の男性のそれまでの言葉が嘘であることがわかった。半場DVみたいなのもあるけど、子供の父親なので、ぼけたじいさんを介護するつもりで付き合っていきますと言っていました。彼女の話は他にもまだあるのですが、中途半端な無料風俗嬢からの落ち武者な子で、おそらく信頼できる異性は自分とあともうひとりいるかどうかなんですよね。結局、信頼関係を築いていく経験が少なすぎて、条件で付き合って結婚しての今の結果です。

 

でも、こういう問題はどんな結婚にもあるんですよね。違う形で。

 

そういうときにどれだけ互いに信じ合えるか、受け入れ合えるかです。

 

彼女には結婚したら良いのにというれんモスがいたのですが、結局、付き合って、些細なことで別れてしまったわけです。そういう問題に向き合って、信じ合えるかどうかのれんモスとしての助走期間とその取り組みも浅かったわけだし、付き合ってしまうとなおさら都合の悪いところしか見えないのでそれが難しくなります。

 

信頼関係を築くというのはそれなりの忍耐を要するわけです。ちょっとしたときに自分の期待とは違うのかもとか、お互いのビジョンが違うのかもというのは頻繁にあります。それをちゃんとコミュニケーションを取って軌道修正していく作業が信頼関係を築くということです。


当然、それにはそれなりの時間がかかるのはわかるでしょう。

 

さて、この話をれんモスに当てはめます。すると、れんモスとは信頼関係を築くことであり、れんモスベイビーの育成はまさにそれそのものです。


それには50時間どころか、もっと時間がかかるだろうし、恋愛モンスターのレベルを上げるというのは、信頼関係の数を増やすということです。

 

過程で恋愛感情はあっても構いませんが、基本的に遠回りになるだけなので邪魔なだけです。とはいえ、それを克服するとより強い関係になるので、その意味ではあってもいいでしょう。

 

そして、これはビジネスにも同性同士の関係にもつながります。
新しいビジネスの9割は10年持ちません。つまり、ほとんどが失敗するわけです。その過程で誰かやその人の手がけるパートがリスクファクターとなることも多々あります。そのときにどれだけ信じられるかです。


失敗してもやっていけるセーフティーネットの設定も大事ですが、いよいよ決断しないといけないときに、あの人なら信じられる。たとえ、失敗しても彼を信じたいし、その失敗も受け入れるという局面があるわけです。

 

 

話を戻しますが、恋愛感情や、セックスしたいとかいう感情も含めて、全部乗り越えていくのがれんモスベイビーを育てるということです。


上手くいかないというのは経験が足りないからです。経験の積み上げ方はいろいろあります。何も王道を行く必要はありません。