スマートフォン解析

【Club】【Q&A 273-7】相手に好きな人がいるといわれたときの対応法

どのような状況でもいいのですが、相手に好きな人がいるといわれることがあります。恋人でも、夫婦でも、片思いでもなんでもいいですが、そのようなときにどう考え、どう対処するかです。

 

この場合、すでに両想いのこともあるし、セックス済みのこともあるし、単なる片思いのこともあります。

 

しかし、ポイントは「好きな人がいる」という表現を使ったかどうかだけです。

 

一生を添い遂げる覚悟があった場合は、そのような表現は使わないからです。

 

もし、昨日書いたような状態に持っていきたいなら、その相手の言葉は素直に受け入れないといけません。

 

一般的には、失恋のつらさを隠しつつも、

良かったねとか、

場合によっては、自分と付き合う道はないかなとか、

なんなら、セフレでもいいとか、

ありがちなのは2番目でもいいからとか言ったりするわけです。

 


しかし、一番良い結果を迎えたいなら、相手の好きだった相手も全部まとめて受け入れないといけません。

 

とはいえ、恋愛モンスター的に「好き」ということは、互いのことをちゃんと理解し合えていない、信頼関係が作れていないという意味なので、その状態で付き合ってくれれば、まず、長期的にはうまくいきません。

 

そこで、言うべきことはディスリの意味も込めて、

「今が一番楽しい時期だね。」

なんですね。うまくいくかどうかの期待と不安が入り混じった状態であり、何なら、付き合い始めた最初のデートは有頂天でしょう。

 

でも、そのときにまだ「好き」な状態なら、そこからは希望や期待と違う、期待外れ、こんなはずではなかったの連荘になります。

 

その意味で、今が一番楽しいわけです。

 

ある程度、恋愛経験があれば、その言葉がその通りであることもすぐにわかります。そこで少し冷静になってくれる効果もあるわけです。


ただ付き合った経験がないと有頂天のままでしょうが、いずれにしろ、壁にぶつかって、困惑するようになります。

 

 

また、どうやら好きな人がいそうという状況もあるでしょう。

 

そういう時はどう考えればいいでしょうか?

 

それについてクラブで説明します。

 

続きはクラブで。

 

molove.hatenablog.com