スマートフォン解析

出会いの場で出会った人とどうなったら、結婚が必然になるのか

まぁ、婚活パーティーで知り合って結婚というのは割とあるんですよね。どちらか、もしくは両方にれんモスがほとんどいなくて、ほかに相手もいないから男だったら、勝手に好きになって結婚したいと考えるようになることはままありますから、あとは女性側がまぁいいかと思えば話は進みます。


ただ結婚のための結婚感は否めなくて、もちろん、たまたまタイプの人と知り合えたと喜んでいる人もいますが、それはタイプの人という理想を相手に押し付けているだけなので、そのうち、なんか違ったという案件が次から次に出てきます。女性だと会社を辞めたりで、その後どうなったかがよくわからなくなることがあるので、そういった苦労話を聞かされる機会が減ってマウントされっぱなしになることもありがちですが、大変だろうにくらいに思っておけばよろしいわけです。


相席でも、婚活でもなんでもいいですが、出会いを目的とする場では、多かれ少なかれ幻想の相手を探して、かつ、それを相手に押し付けあう関係性でしかものが始まらないんですよね。


イメージ的には宝くじを当ててやるみたいな感じで挑んでいるはずで、しかも、それは運が良ければ、宝くじが当たるという謎の前提があるわけですが、現実はそもそも当たりくじのような外れくじと、外れくじのような当たりくじしかなくて、外れくじのような当たりくじは最初にあきらめたり、切ったりするので実際は引けないんですよね。
結婚が必然になるのは、そういう外れくじのような当たりくじなんです。いわば、れんモスG的なものです。


そもそも自分の理想通りの人はそんな場には来ないでしょ?

 

出会いの場で知り合って、結婚が必然になるのは、一言でいうと、結婚するときに、あれっ、俺達ってどこで出会ったっけと言えるくらい出会いのきっかけが二人の関係性を作るうえですごく小さな存在になったときなんですよね。理想や幻想をぶつけ合わないためにも、最初はそんなつもりで付き合っていたわけではなかったという方が本当の相手を受け入れやすいので、実は一番早く結婚にたどり着けるはずなんです。それは数学的な理由です。なので、そうやって、互いに理解しあっているうちに互いに必要だと感じるようになって、それで結婚は必然になるわけです。