スマートフォン解析

愛を金で測ること自体は正しい、でも、一番大事なのはそれで2人でいて楽しいかどうか  

使える金額は人それぞれですが、ほとんどの男性にとって、使える金額には限界があるので、比較的大事と思われる人にお金を使うのは確かです。


それは、おごったり、プレゼントしたり、大きな買い物をしたり、どこかに連れていってくれたりとかです。


時にそれにはセックスへの期待、もしくは代償として使われていることもあるので、なんでかんでも、受け入れればいいというわけではないので、その辺も含めて互いに認知できるくらいは信頼関係をちゃんと作ることの方が先ですよね。


例えば、俺が女だったら、おごられたりするのは嫌だからおごらないという人もいるわけです。そういう考え方も含めて理解し合うことの方が優先度は高いわけです。

 

さて、そのうえで判断に使えるのは、自分に対してお金を使ったかどうかとか、その金額多いかどうかではなくて、そのお金を使うことで私自身の人生が豊かになったかどうか、豊かになるような体験ができるかどうかですよね。なので、金額の多寡はほとんど関係ありません。


そして、お金を払うことで受けるサービスそのものよりも、それを受けたうえで二人でどれだけ楽しめるか、そこにどれだけ重きを置いているかです。

 

そういったことをいろいろ考えるのがめんどくければ、要は自分がそれで楽しいかどうかです。


そのときにこんなにお金を使ってもらって悪いとか、それだけこっちも楽しませなくちゃとか、これってセックスを期待されているのかなとか考えなくてよいくらいの信頼関係があるかです。


それも含めての愛情です。そんなこと全く考えなくてよいくらい信頼関係があるかどうかが大事なわけです。


それくらい二人でいることが心地よいと自分自身が感じていることが大事なわけです。