スマートフォン解析

恋愛モンスター

「恋愛 信頼」でGoogle検索1位(2020正月)の最高の幸福感を得られる方法

悪意のある言葉には怒るだけ損、一番の反撃法

嫌味とか、妬みとかでチクリとした言われたと感じる時があったとします。

 

最悪なのは、それにむっとしたり、内心落ち込んだり、パニくったりすることです。

相手の目的はこちらを怒らせたり、動揺させたり、組織内の立場を悪くさせたりすることなので、まさに思うつぼですよね。

 

なので、一番の反撃は意に返さないことです。

 

議論の鉄則で、相手の言うことを100%認めてから切り返すのが理想でしょう。

 

 

しかし、もっと上級な対処法は、悪意すら感じ取らないことです。

こちらがあまりにも高いステージにいて、全く気付けませんでしたみたいなイメージです。

 

これができると今度は相手が、あれっ、もしかして、こっちがばかだったのかしらと内心思わせることができ始めます。

 

最初はそれに反発して、嫌味がエスカレートしてきたりすることもあるかもしれませんが、足元のありんこが何かを叫んでいるようでごじゃるという態度を取り続ければ、相手の心の洗浄効果が出てきて、そのうち、言わなくなってきます。言うのが嫌になってくるんですよね。