スマートフォン解析

恋愛モンスター

「恋愛 信頼」でGoogle検索1位(2020正月)の最高の幸福感を得られる方法

【Club】逆ツーマンセルの効用

ゆーみん  Lv14(+4)  

質問があります!


主に自分一人に対して異性が二人になるような(逆ツーマンセル?)なシチュエーションについてです。
ブログで該当する記事を見つけられなかったので、見解を教えていただけたら嬉しいです!


①女1男2の場合、れんモス的観点ではどんな効果が生まれることが考えられますか?

営業時代のお客さんだったおじさまとひょんなことから数年越しに連絡が繋がり、年末に飲み会が実現しました。
貴重な話がたくさん聞けそうと思いガチガードの年下テンプレ女子を誘って向かったところ、おじさまから後輩男性Aを紹介してもらいました。

その男性Aをれんモスにしたいと思っていたら、男性Aの方から飲みに誘われ、さらに彼の学生時代の親友である男性Bを紹介してくれました。
男性Aから男性BのLINEも教えてもらい、近くABとの3人か男性Bと2人きりのどちらかでまた飲みに行く予定です。

女2男1のツーマンセルは相手のコミュ力やモテ度を上げると以前の記事にありましたが、逆にこちらのコミュ力やモテ度が上がるイメージですかね?
体感としては、オープンな態度を取りつつ相手の2人(今回は男性AB)に対しバランスよくアクティブリスニングやリアクションをする力が前以上に鍛えられた気はします。


②私が間に入る形で、全然違うコミュニティで知り合ったれんモス同士を会わせるのってどうなんでしょうか?
たまたま似たような方向性を見ているため、引き合わせた時の化学反応がどうなるか興味深い男性が複数人います。

前述の男性Aは文系職ですが、理系の職種にもう一度チャレンジしたい気持ちもあり、転職しようか迷ってるそうです。
そういえば秋ごろに知り合い、年末に一度2人で一日遊んだ男性Cはまさにその職種で働いてると言っていました。

また、最近れんモスに持ち込めた男性Dは、キャリアアップのために就労学生として大学院に通い始めたそうです。
学ぶ分野は男性Dとは違いますが、学生時代の後輩の男性Eが社会人経験を経て大学院に通ってることを話したところ、興味を持った様子でした。

仲介者としてこちらのリーダーシップがある程度必要になってきますが、男性AC、男性DEがそれぞれ話す機会を作れたら彼らにとっていい刺激になるんじゃないかなぁと漠然と考えています。
実現させるとしたらもっと男性A,C,D,Eそれぞれとの関係性を構築してからの方が良さそうでしょうか?


それから余談ですが、本格的にれんモスを取り入れ始めたここ3ヶ月くらいで、初期値Lv3(+3)→Lv14(+4)まで増やせました〜*\(^o^)/*
ちょっとの工夫があれば、ポリシーを捻じ曲げてテンプレの恋愛ルールに乗っかる必要全然なさそうですね。
50時間超えのれんモスが出てくるのはまだまだ先ですが、おかげさまでだいぶ生きやすくなった気がします!

長くなりましたが、よろしくお願いします

----------------------------------------

 

ツーマンセルの意味は、互いの戦術や得意技を理解しあった二人で、一人、もしくは2,3人の相手をするということで、ナンパではコンビナンパとしてよく使われます。

 

男二人でぼけと突っ込みができるので、相手の女性のキャラに関係なく、同じペースで話を作れるのがメリットです。漫才みたいなものでやればやるほど、対応力も精度も上がります。

 

 

一方、女子二人のツーマンセルは、そこそこ仲が良い女子同士でやることが普通ですが、コンビナンパのような目的ではなく、どちらかというと、守備的な意味合いが強いです。

 

メリットは

  • 一対一のセクトラを防げること
  • 3人のうちの二人で話すだけでもいいので、男子が無口系なら女子だけで盛り上がってもいいし、男女で話すにしても、交互に話せばいいので話題に尽きてもバトンタッチすればいい安心感
  • 男性にとっては両手に花状態でモテ度が上がっている状態
  • 男性にとってもずっと話し続ける必要がないので楽
  • 男性は女子同士の話が聞けるので、男女間との話題の違いが学べる
  • 女性二人は気軽にディスれるし、男性もファッションとか立ち回りの改善点を学べる

 

まとめると、男性の育成と女性の安全確保およびれんモス初期研修になる

 

デメリット

  • 男性が全部おごるということにはほぼならない

 

 

で、逆ツーマンセルとは、女子側が企画して、お互いにあまりよく知らない男性二人と出かけることです。

そのあと、男性同士が仲良くなって、また3人で出かけるとかはあり得ます。

 

長くなったので、何が起こるかとメリットについてクラブで説明します。

 

続きはクラブで。

 

molove.hatenablog.com