スマートフォン解析

恋愛モンスター

「恋愛 信頼」でGoogle検索1位(2020正月)の最高の幸福感を得られる方法

男性は何をもって、30歳非処女と結婚したいと感じるのか

30歳というのは例であって、後期よりの結婚適齢期くらいに考えてもらったらよいです。

 

地方だと、30歳って、一つの分岐点となっていて、一人で生きていく準備もせないかんねみたいな年齢です。

 

東京とかだと、そもそも生きていくために稼がないといけないので、そんな準備は終わっているのもあって、とりあえず、テンプレ的に彼氏を作っては見たものの、しっくりこなくて自然消滅とか、遠距離になって疎遠とか、自分自身でも何が決め手なのかよくわからない状態になって、かといって、信頼関係を構築するには時間がかかると。でも、ありかなしかで信頼関係を作る前にシャットダウンしたり、付き合ってしまったりで失敗の連続とかもろもろあっての独身状態です。

 

実は、30歳前に何回かいきなりプロポーズを体験している人はそれなりにいます。

クラスでトップ1/3くらいに可愛い人だと普通に社会的な生活をしていれば、1回くらいは経験しているでしょう。

 

これはアラサーになって結婚できるステータスになった男が結婚したくてとりあえず身の回りのルックスの良いと感じるフリーの女性にアタックするからです。10分で決める結婚がこれですね。

 

ところが、女性側は互いのことをよくわかってないのにアタックしてくる気持ち悪い人認定してシャットダウンしてしまうんですよね。まさにありかなしかのなし認定をしてしまうわけです。

このアタックは処女非処女検定がかなり甘く、別にどっちでもいい、とにかく結婚したいでアタックしてくるので、本当はれんモスとして運用できるのがベストです。

 

また、処女非処女検定がかなり甘くなるといっても、どっちかわからない風でないと選ばれる優先順位は下がります。

 

ここでの話はそういう時期を過ぎた後の話です。なので、都会だとアラフォー近辺まで通用する話になります。

 

 

一言でいうと、普通じゃない感です。

最悪なのは、恋愛テンプレ脳的にだらだらといろんな普通の彼氏と付き合ってきましたという女子です。

処女も普通じゃないので、武器にはなります。

 

 

アラフォーの人が一人暮らしや独り身に慣れすぎて、いまさら結婚する気にならないという感覚はイメージしやすいと思います。

 

周りの結婚している同年代の人の冷めきった無関心夫婦もしくは鬼嫁夫婦を見ているとなおさら、結婚する意味あるの?と男は感じていたりするわけです。

 

そこで周回遅れで普通の人と結婚してもおさがり感が強く、また、女性の方も一人で生きてきてそこそこ我も強くなってきています(オス化)から、付き合ってもやっぱり合わないねってなりやすいわけです。

 

その意味で、私は普通よ、常識人よとテンプレを装うと余計に不利になってしまいます。

 

アラフォー美人が売れ残っているのは、若いころの結婚する気のないお似合いイケメンが自分と釣り合っていると思い込んでいるのと、そのころ全く相手にしなかったやや難があるフツメンといまさら結婚できないと感じちゃうのと、相手の方も、家庭の悩みをいまさら抱え込みたくないと感じているのもあります。

 

その中でも一番の理由はオスとしての格問題です。

2ランク下の男にとっては、若いころには到底無理だった相手なので納得して受け入れます。

 

でも、釣り合う相手にとっては、いまさらなぜとなってしまうのです。

そんなことなら、もともと市場価値がもっと高かったバツイチ子持ちと結婚して、社会的弱者であるシングルマザーを助けたというポジションの方が格を保てるわけです。

バツイチ子持ちが結婚しやすいのはそれが理由です。

 

 

で、そうじゃない普通の人にとって、それらを打破するのが予測不可能性です。

 

この人と一緒にいたら、何か経験したことがないことを体験できるかもというワクワク感です。

 

バツ4の女性とかめちゃくちゃアバンギャルド感があるだろうし、自分で儲かりもしない事業をバリバリしているとか、それちょっとムリゲーじゃないという仕事をごりごりしているとかです。男性の方が格下と感じさせるようなものではいけません。

逆に言うと、好きなことをはちゃめちゃにやっておけばいいわけです。

 

そんな風に周回遅れを一気に抜き去る体験ができるなら、結婚もありなわけです。