スマートフォン解析

恋愛モンスター

「恋愛 信頼」でGoogle検索1位(2020正月)の最高の幸福感を得られる方法

失敗しないための結婚相手探し

結婚したいという女性に聞くと、結婚したい理由として、

  • 将来1人は寂しい
  • 子供が欲しい
  • 家庭を持ちたい
  • (セックスパートナーが欲しい)←性欲のある6割の女性のみ

などが挙がってきます。

 

結婚は生活で、生活上けんかになるのはほとんどが生活習慣に関する事項です。しかも、そのほとんどが片付けに関するものでしょう。そういったものはお互いに注意して修正していけばいいので、大事なのは、修正に応じて、実際、修正できるかどうかです。ただし、修正できないタイプだから結婚できないということではなくて、そういう相手の特性を自分自身が受け入れられるかどうかです。

 

 

例えば、天才肌のアーティストで、片付けしないし、ドアはいつも開けっ放しだけど、彼の才能の片りんに触れられるのが何より楽しいというのなら片付け下手でも受け入れられるかもしれません。

 

 

次に生活上大事なのは、お金です。

収入は基本的には、学歴と比例します。

 

B) MARCH、関関同立レベルは人数も多く、会社を運営していく上で安定した駒として雇われ、仕事のきつさに比べると年収もいいですが、上にも伸びにくいので安定した派手じゃない生活向きです。

 

A) それより上になると、仕事の開発や、実務のトップなど、会社のかじを切る役目が増えてきて、収入の上乗せも期待できますが、不安定性も増します。

 

S) もう一つ特殊なクラスターがあって、Youtuberやせどりなど、学歴に関係なく稼ぐ力だけでのし上がっていくタイプもいます。飲食で成功している人とかもここです。

 

C) あとBの下のレベルの人が一番多くいて、Sに憧れていたりするのですが、Sで成功している人はA以上にインテリジェンスがあったり、何かを捨てて何かを拾う取捨選択能力が高い人であり、ぶっちゃけ、Aになる方が楽というくらいのレベルで変人度が強めで実業家タイプだと浮気もありありです。

 

 

それぞれの男性が求める女性で共通する項目があります。

それは、自分より少しだけ下、もしくは同列のインテリジェンス、学歴しか求めないということです。

 

 

通常、法政大学の男性が、東大の女性と結婚したいとは思いません。

また、逆に中卒でずっと夜の街で働いていたという女性とも結婚したいとは思わないでしょう。

 

ルックスや性格以上に、育ったり、暮らしてきた環境によって形成される価値観のずれを結婚に持ち込もうとはしないわけです。

 

 

個別に見ていくと、

BのMARCH、関関同立レベルだと同じくらいの大学か、もう少し下の大学出身を求めます。

 

それより上の慶応、早稲田、帝大クラスだと、最低限、MARCH、関関同立か国立大レベルを求めます。

 

 

一方、Sの人たちは学歴も中途半端だったりするので、むしろ、学歴を嫌います。トロフィーワイフ的に見た目、しかも、どちらかというと、プロポーション重視で相手を選びます。性欲の解消とついでに子供を産んでくれたらそれでいいという感じです。

 

 

Cの人たちは学歴コンプレックスもあり、趣味や好みの一致を求めますが、女性のルックスのステータスが上だったり、年齢が若かったら、そちらを優先させます。

 

 

ここで注意するポイントは、これらのルールがオーバーハングされるパターンが二つだけあります。

 

一つは、似たような仕事をしている場合です。つまり、男性の仕事に対する理解がありそうと見込める場合です。

 

もう一つは、とびぬけた高い処女性がある場合です。自分の興味あることにぐいぐい行ける人で、本来学歴ってそういう姿勢と知識を身につけるために頑張った結果ですからね。実際は、テンプレでとりあえず地頭に比例した難易度の学校に行っただけという人が多いですが。でも、学生時代に自分に見合った学歴のレールに乗り損ねた人もいるんですよね。そういうタイプです。学歴のわりに仕事ができるみたいな。

 

 

 

さて、そうすると、Aクラスの女性は、元々自分を結婚相手として考えてくれる男性がAゾーンにしかいないわけです。なので、Aゾーンに絞った婚活をするべきなんですよね。特に医学部女子とかは世界がさらに狭く、誰かと付き合ってしまうと未来永劫そのうわさが付いて回るので、恋愛モンスターを実践していれば、かなりeasyモードで結婚相手は決まります。

 

Bクラスの人は、Aクラスの人が働く職場に潜り込むのが一番効率が良いと言えます。この場合も恋愛モンスターで無双できるでしょう。

 

Sゾーンの人はプロポーション重視なので、夜の世界でもOKですが、そこはキツネとタヌキのだまし合いの世界です。ここでも恋愛モンスターをしていれば、勝手に男がプロポーズの札を出してくるかもしれませんが、私が何をするのかを確立することにまずは専念することが望ましいでしょう。

 

Cゾーンの人は、テンプレが一番横行している世界です。趣味の仲間は集めやすいですが、年齢を重ねるほど良物件は消えてなくなっていきます。処女性を上げてBゾーン物件を狙うか、さらにインテリジェンスと結果を積み上げてAゾーンを狙う方法の方が実は効率は良くなります。結果の方向性次第ではSゾーンの人から声がかかることもあります。ただし、これも、若いうちからAゾーンに入るために勉強していた方が楽だったよねという茨の道ですから処女性を上げてBゾーンを狙うのが無難でしょう。

 

 

ルックスが平均より高いのであれば、処女性を上げて、学歴以上の職場に潜り込むというのが一番効率が良く、学歴が良ければ、その学歴に沿った職場で働く。ルックスが平均以下の場合は、処女性の高さは当然必要ですが、さらに趣味を極めて相手のルックスを求めず、趣味仲間で探すのが効率良いでしょう。