スマートフォン解析

恋愛モンスター

「恋愛 信頼」でGoogle検索1位(2020正月)の最高の幸福感を得られる方法

 旅行に行って無症状感染者になったかもと感じたらいつ検査するべきか

GoToトラベルキャンペーンや夏休みの帰省など旅行した人、もしくは何らかのイベントに参加した人が他人にうつさないためにはどうしたらいいのか、検査できるとしたらいつしたらいいのかを考えてみます。

 

まず、基本情報。

  • 感染して発症するのは5-6日目(ただし、可能性としては1-12.5日目の幅)くらい。以前は4日間の発熱後に検査していたので10日目発症だとちょうど2週間後に発覚していたことになります。
  • 発熱などの発症日の3,4日前からPCRは陽性になり、ウイルスを排出している可能性があります。
  • 発症後、7-10日でほぼ症状もなくなり、PCRも陰性化することが多い。
  • 他人にうつすのは発症後5日まで。
  • 発症していない人はもう少し短いが、スプレッダーの場合、もっと長く多くなる可能性がある。
  • 日本人の場合、BCGの影響などで98%くらいの人が自然免疫で治るため、抗体もできない。
  • 獲得免疫まで必要だった人が症状が激しく、抗体もできる。欧米はそういう人が多い。
  • スプレッダーはそういった免疫機構の動きが悪い人で結果、ウイルスの排出量が増えてしまう。

 

発症すれば、病院で検査してもらえますが、その4日前までに会った人にうつしてしまっている可能性が問題で、マスクなしで15分以上話した人が濃厚接触者扱いとなります。

 

つまり、旅行後、毎日検温して発症すればあとはもう既定の対処でいいわけです。

 

問題はその発症前の行動をどう気を付けるかです。

 

感染したかもという日を旅行初日として、イベントだったらその日になりますよね。

で、一番発症が多いのが感染後5,6日目であり、図の赤いところです。

f:id:MOLOVE:20200724181612j:plain

イベント後いつPCR検査を受けるべきか

仮に感染後5日目に発症したとしたら、他人にうつしている可能性があるのは、赤いところの前の白いところになります。

 

ということは旅行後中1日あけてPCR検査をします。もし、典型的な5,6日目発症ならそのとき陽性になっているはずです。陰性なら典型的な発症パターンだと感染していないとなります。

 

で、無症状の人は発症しないわけですが、ウイルスの増えるスピードはそこまで違わないので、旅行後は1日人に会わない。次の日にPCR検査。

さらに4日後に再度検査して陰性なら、ほぼ感染していないといえるでしょう。

 

初日にイベントがあっただけの人の場合も同様で、次の1日から2日くらいを休んであけてPCR検査、4日後に再度検査でほぼ感染していなかったと言えます。

 

まとめると、イベントでも旅行でも終わった後はできるだけ休む。休みの最後にPCR検査。その4日後にさらにPCR検査をすることで感染したかどうかはほぼわかる。

ダメ押しでさらに4日後に検査すれば、身の潔白は証明されます。

 

で、休みが取れないなら、すぐに検査すれば4日間は大丈夫なので、さらに4日後に再度検査すればいいわけです。

 

それくらい気軽に検査できれば、ワクチンができる前でも割と自由に経済活動できるんですけどね。アメリカで15分で結果が出る抗原検査キットをうっている$QDELの株価が高くなるはずです。検出率は少し落ちるけれど、15分でチェックできるなら4日おきの検査もしやすいですからね。