スマートフォン解析

恋愛モンスター

「恋愛 信頼」でGoogle検索1位(2020正月)の最高の幸福感を得られる方法

 【Club】他人の干渉にどう対応するか

 

世の中いろんな他人の干渉があるわけです。

 

友人グループでの立ち振る舞いに対する同調圧力

職場での同調圧力、たとえば、いじめやのけ者に対する同意と同調とかありがちです

恋人や配偶者からの趣味への傾倒具合に対する干渉もあるでしょう。

他人ではないですが、自分以外という意味では親からの干渉は思春期以降はいろんな形で多々あるでしょう。

 

男性はそうでもないですが、女性の同調圧力はかなり強いため、電話に出るときや知り合ったばかりの人など相手に合わせるために声色が変わる女性はたくさんいます。

 

 

そういう他人の感情が一切届かない陰キャな人は段々はぶられて行くようになることもあるし、周りに合わせながらも内面ではしんどいしんどいと相手がいないとところで愚痴っている人もいます。

 

いずれにしろ、干渉に対して合わせることで負のエネルギーは溜まっていくので、結果的には望まない方向で発散されてしまいます。

お小遣いを制限すれば、売春を始めるし、みたいな形で親からしたら、10倍返し級の嫌なことを結局されてしまうわけです。

 

そういう他人の干渉を受け入れると言うことは、受け入れることで良いようにしてくれるんだよねという期待があるわけです。

 

これは恋愛感情と似た構造になっており、相手はおまえはこうあって欲しいという幻想を押しつけてきます。それに対して、その幻想の通りだよという立ち振る舞いをするとします。そうすることで、あなたの好意を得られるですよね?その好意を持って私のためにもっとよくしてくれるんですよね?と返すわけです。

 

しかし、幻想に幻想で返しているので、どんどん本当の自分とは乖離していくわけです。

そのうち、こう思っていたのにこうじゃなかったというごたごたが起きてけんか別れや絶交に発展したりするのはよくみますよね?

 

さて、処女性の高い人が他人の干渉にどう対応しているかをクラブで紹介しておきます。

 

続きはクラブで

 

molove.hatenablog.com