恋愛モンスター

「恋愛 信頼」でGoogle検索1位(2020正月)の最高の幸福感を得られる方法

【Club】あいての実像を得る必要はあるのか

ぐるちゃで虚像の話がしばらく盛り上がっていたわけです。

元々引用されていた概念はあるのですが、ここでは一から考えてみます。

 

人は相手によって態度を変える事がほとんどです。目上の人、心やすい人、目下の人、子供、親、祖父母、先生など敬語などの言葉遣いも含めて一般的には使い分ける方が普通でしょう。

 

自分の深いところから、相手が受け取る印象までを考えると

過去の経験や生来的な性質から感じる無意識での感情(もともとの性格から感じる感情)

直近の体験やコンディションに影響される意識しやすい感情(いらいらしているなど現在の状況に影響を受けるもの)

そこに相手に合わせて変える態度や言葉遣いが乗ります。上記の感情を殺す事もあるし、喜びなら素直に出す事もあるでしょう。

 

それを受け取って相手がどう感じるかです。

最初は過去の体験からパターン分析して、こんな人かなと言う印象を持ちます。

次に同じ人に何度か接するうちに微調整して変えていきますが、特に女性は自分を繕う事が多いので実像とはかなり違う印象をもってしまうわけです。付き合ってみないと分からないというのはこの辺も影響しています。

 

このときポイントになるのは、相手が取り繕ってこう受け取って欲しいという像と、実際に相手が受け取る像は相手の経験と期待によってかなりゆがめられてしまうという事です。

とくに非モテコミットしているときは、幻想の理想の相手フィルターがかかっているので余計に違う像として受け取られがちです。

れんモスBやれんモスGがよいのは、この歪んだフィルターがかなり軽減されるからです。

期待するべきものにゆがみが少なくなるからです。

 

 

さて、ここで実像を得る必要はあるのかと考えた場合、それが相手が隠していて、かつ(A)相手も分かっていない本性なのか、(B)相手が自覚している自分なのか、(C)相手が取り繕ってこう捉えて欲しいと思っている像なのかという問題があります。

 

さらに仮にどれかの実像を得たとして、それが二人の関係性にとってメリットがあるのかどうかも問題になります。

 

 

なので、ここではメリットにフォーカスしましょう。メリットは何でしょうか?

それは喜びですよね。喜びはどこから生まれるかです。

 

ここでわかりやすくいうと、株の動きと同じなわけです。

株はその会社を信用すればするほど、みんなはお金をかけて株を買います。結果、株価は上がっていくわけです。

 

株価は会社の出したガイダンスを参照にして、予想EPSと予想売り上げをアナリストが出して、実際の決算でその答え合わせがあります。

 

つまり、積み重ねてきた虚像通りの返事というより、期待以上想像以上の返事が返ってくることの積み重ねが、互いの評価を上げていくわけです。

 

 

運用状況としては(B)の像をお互いに正確に予想したり期待したりするのがベストなのですが、当然、そのときの感情や状況によって、それらは上下します。なので、株価の予想と同じように人はレンジで期待するわけです。今までの経験からこれくらいからこれくらいという期待です。

 

それに対して、それらを越える返事を出し合い続ける事が、次のレンジを上方向に上げていくし、互いの株を上げていく事につながるわけです。

 

実際の実務上の運用法と、そのためのポイントをクラブで説明します。

 

続きはクラブで

 

 

molove.hatenablog.com