恋愛モンスター

「恋愛 信頼」でGoogle検索1位(2020正月)の最高の幸福感を得られる方法

【Club】【中高生向け】母子家庭で貧乏だったらどうするべきか その2  いかにお金をかけずに勉強するか

まずは勉強についてです。

だいたい皆さんの印象としては、学校のテストは勉強したらした分だけ成績が上がり、サボると下がるというものです。これは当たり前で試験の範囲が決まっているからです。

やれば点は取れます。ただし、この決まった範囲の中を一生懸命勉強するのは大学に入ってからでいいです。中高生の間は勉強の速度のメルクマールにするのはいいですが、良い点数を目指す必要はありません。

 

というのは、大学受験は全国から集った人たちと競争するわけであって、自分の学校の中で競争するわけではないからです。

 

それと少し矛盾すると感じるかもしれませんが、成績を上げるには競争相手を意識することが大事です。塾が効率良いのは、同じくらいの成績の子供を一クラスに集めて競争させるからです。

しかし、実際に塾で勉強して感じるのは、順位はさほど変わらないということです。

同じくらいの成績の子供を集めて、同じ授業を受けているのですから、差はつきにくいわけです。

 

さて、お金がないので、塾にもいけないし、有名私立にもいけません。

公立の学校は、地域によっては良いですが、中学だと受験という最終目標を見据えて授業している先生はほぼいません。

 

中学生の間に目指すべきことは、まずは習うことを一気に終わらせてしまうことです。

有名私立中学は中2には中学の勉強は終わらせています。なので、教材はそこまでこだわらなくてよいです。

 

それと、これは最初から最後までずっと大事なのですが、無料の試験は出来るだけ受けるようにしましょう。塾は優秀な子を集めたいので、定期的に無料の試験をしているはずです。

中学生の間は、twitterや図書館などで使い終わったり、使わなかった問題集をくださいと募集して集めればいいです。取りに行って、他のものも処分しますといえば、喜んで提供してくれる人はたくさんいるはずです。それらの中から評判の良いものを選んで使えばいいです。

 

高校生になってからが本番です。ここでは、以前、紹介したように成績優秀者が使っている問題集を厳選する必要があります。成績が伸びた人が使っていた問題集は一番効率よく成績が伸びることが証明されているからです。

これも、同じようにtwitterや図書館で使わなかったり、余ったものを図書を指定して募集します。特に1月から3月くらいが一番効率よく集められるはずです。

 

さて、何を目標に勉強するかです。もちろん、最終目標は大学に受かることですが、先のことなので、日々の結果としてはわかりません。

なので、集めた優良な問題集を終わらせることが目先の目標になります。

しかし、それもあまり続かなかった経験を皆さんしていると思います。

終わらせないといけないのは頭ではわかっているけど、ゴールが遠すぎて頑張る意欲が削がれたり、ゲームや漫画にすぐ逃げてしまうわけです。

しかも、コツコツ過ぎて、成績がすぐに上がるわけでなく、達成感が感じにくいです。

 

自分も一応、高2の夏休みから夕方図書館で、優良な英語の問題集をこつこつやってはいましたし、その哲学は身につきましたが、総合的に成績が上がった感じはしませんでした。

高3のときは最初から浪人するつもりだったので、ゲームばかりしていました。

それが、高校を卒業して、さぁ、やろうかと毎日6時間、3ヶ月勉強しただけで、もうこれ以上成績は上がりそうもないなというくらい指数関数的に成績が伸びたわけです。

一応、県下で一番の進学校の普通科で、その上に自分が高校受験で落ちた理数科があったのですが、浪人してからはその現役の子たちに最後までぶっちぎりで負けることはありませんでした。

英語が苦手で東大模試で英語だけ偏差値40台でしたが、総合で100番以内に入って、物理、数学、国語では名前が載っていました。古典や漢文の筆記の勉強は全くしていなかったんですけどね。

 

その勉強法をクラブで紹介しておきます。

これ、現役の時に同じように勉強していたら受かっていたんやない?という感じでしたが、高校の授業は人の時間を奪うだけで全く役に立ってないというか、そもそも全く聞いていませんでしたし、補修の授業もクラスで1人だけ一切でませんでした。朝の補修が終わった頃におはようと言って、出席していたわけです。受験に関係のない哲学、古典、地理だけは先生が好きだったので聞いていましたが、受験にはほとんど役に立っていません。

ちなみに授業を聞かないのは、小学2年からでした。

 

クラブ記事は有料ですが、たまたまこの記事を見たという中高生は模試の成績表を送ってくれたら記事の内容を教えます(名前は隠していて構いません)。

f:id:MOLOVE:20190109001951j:plain

続きはクラブで

 

molove.hatenablog.com