恋愛モンスター

「恋愛 信頼」でGoogle検索1位(2020正月)の最高の幸福感を得られる方法

妻の男友達(れんモス)を夫はどう感じるものなのか(あげまんに簡単になる方法)

一途がいいとか言っている女性は根本的にこの点で大きな勘違いをしているわけです。

 

夫のれんモスもそうですが、基本的に夫婦の二人の歴史よりもれんモスとの歴史の方が長いのが一般的です。

 

自分の知らない配偶者の過去の姿や生き様を知っているのがれんモスです。

当然、そこには敬意を払わないといけないわけです。友人としてずっと配偶者の人生を豊かにする一助となってくれていたわけですから。

 

配偶者をずっと守って入れていたという見方もできます。

なので、そのれんモスがどれだけイケメンでも、美人でも、れんモスである限りは味方とみなします。

 

それは自分の格を上げてくれる相手だからです。

なぜなら、自分は妻とセックスできるけれど、れんモスはできていないという見方もできるからです。

なので、仮に過去に妻がその男のことを好きだった時期があろうと、その男が妻のことを好きだった時期や、何なら今好きであっても、大して気になりません。

格勝負では勝っていることになっているからです。

 

しかし、その男がれんモスでなく、元カレ、もしくはキス以上の物理的接触があった相手であった場合、構造上、敵になります。

なぜなら、その男は自分の格を下げる男になるからです。

 

 

ヤリチンでもイケメンでも簡単にセックスできた女と結婚しようと思わないのは、自分がそれまでにその女がセックスしてきた男の格下に簡単になってしまう。何なら、結婚した後も浮気されて、格下になることが簡単に予測できるからです。

 

ずっと大事にするとか、一途になるとかの価値が最もない女だと感じるからです。

 

 

れんモスを増やした方が良いというのは、それが夫の格を上げるからなんですよね。

あげまんになるというのは、そういうことです。

一方で、れんモスをどんなに増やしても、途中で結婚することにならない男とセックスしたら全部チャラになってしまいます。レベル200の200人であっても、レベル0に落ちてしまうということです。