恋愛モンスター

「恋愛 信頼」でGoogle検索1位(2020正月)の最高の幸福感を得られる方法

ヒステリーを起こさないタイプはどうするべきか

処女でも非処女でもヒステリーを起こさない人が稀にいます。

 

話を聞くと、嫌だなとか、不満に思うことはそれなりにあるわけです。

しかし、スイッチが入らないので、爆発もしないという印象です。

当然、メンヘラ化もしにくいです。

 

さらに情熱的に誰かを好きになることがほとんどない、もしくは全くないタイプが多いです。

 

つまり、強い所有欲が生じないので、それに対する固執もかなり少なく、自分のモノであってほしいという理想とのギャップにいらいらすることもあまりないといった印象です。

 

仮にパートナーが浮気していても、あぁ、浮気してるなぁと他人事のように感じるわけです。

 

 

じゃあ、何しても許されるのか?ここが一番のポイントになります。

ヒスらないから、何をしたらいけないのかがわかりにくいわけです。

 

先日も、新婚さんの夫の実の姉が、赤ちゃんが泣いているときにゲームとかしたらブチ切れるわと諭してくれていたらしく、それがありがたかった、もっと言ってやれーと心の中で思っていたとヒステリーを起こさない新婦が言っていました。

 

彼女が不満を伝える時は、遠回しにいつもと少し違った表現で苦言を呈するそうですが、決して怒っている風ではないので、男性側がかなり気を付けていないとわかりにくそうでした。

 

例えば、別の人ですが、掃除や後片付けの基準が違っていた場合、普通ならヒステリーを起こして、夫に希望通りの片づけをさせたりするわけですが、それだけの怒りパワーを伝えることができず、その人は結局、自分が全部してしまうことにしたと。で、諸々含めて離婚の話もしたけれど、子供もいるので仮面夫婦でいることにしたと言っていました。

 

例えば、子育てをしっかりしてくれそうな人だという理由で結婚したと。すると、しっかり子育てはしてくれ、確かに思惑通りだったとなるわけですが、妻の立場から見ると、子育てで何もしない夫に見えるわけです。

 

このように相手に対する希望や期待が100%かみ合うことは絶対にありえないわけです。つまり、そこに不満の種が生まれます。そこを30%なり、40%なり補填するのにヒステリーが使われているわけです。

 

ところが、ヒステリーを起こさないとその補填がなくなるわけです。相対的に潜在的な不満はヒステリーを起こす人よりも大きくなっていきます。

 

つまり、私はこうして欲しい、こういう風に家庭のルールを作っていこうよと楽しく提案する感じにすることを常に意識しておかないと、あるとき、プッツン来てしまうよということです。