恋愛モンスター

「恋愛 信頼」でGoogle検索1位(2020正月)の最高の幸福感を得られる方法

結婚するなら童貞の方がいいというのは道理がある

以前、結婚するなら童貞の方がいいと言う子がいて、そのときは処女性が高ければ、どっちでもいいかなとは思ったわけです。それは処女でも非処女でも大事なのはそこじゃないという意味で。

 

普通、結婚するなら童貞の方がいいと聞くと、そんなにモテない人がいいんだと思うかもしれませんが、今どきは昔と違って、20代の童貞率はかなり高いので、相手が20代のうちかられんモスに出来れば、いわゆる非モテじゃない人でも童貞のことは十分ありえます。

 

なので、昭和の時代と違って、童貞が陰キャのひきこもりの見た目がややキモい男性というわけでもないわけです。

 

 

童貞のメリットはいくつかあって、命にかかわるものとしては性病をもらっていないというのがひとつあります。

 

次に非童貞の場合、セックスに積極的で口の使い方なり、腰の動きなり、体型なりで処女よりもはるかに気持ちよくさせてくれる女性もいたでしょうから、結婚して相手がほぼマグロに近い状態だと萎えてやる気が失せるというのもありえるかもしれません。前の彼女の方が抱き心地が良かったというものです。これはネガティブな理由ですが、逆に言うと、こちらが処女なら、その上への振れ幅は一番大きいので結婚してからセックスを頑張ればいいだけです。いずれにしろ、セックスするたびに比べられる相手がいない方が楽なのはあります。また、逆に言うと、童貞なら相手の男性の伸びしろも一番あるともいえます。その意味で、処女性が高い相手なら、新しいセックスに興味も持つでしょうからやり方は勝手に上達するはずです。

 

さて、最大のメリットは最近、書いている「覚悟」です。

浮気はいけないとかいうくだらない理由ではないです。

結婚したら、嫌なことがいっぱい起こるわけです。予期していない悲しいことが起こることもあり得ます。予想外の転勤、事故など。また、相手の態度がぞんざいになってきたり、無関心になってきたりとかいろいろあるわけです。

そんな中で、二人の関係性があがるというか、それが特別な関係であり、笑いを共有できる時もあるわけですが、それを担保しているのが「覚悟」です。

離れる力と引き合う力で、作用反作用でもう一度、二人の関係性がピークを迎える波を作るにはそれらをひっぱるバネが切れていてはいけないわけです。そのバネが「覚悟」になります。たとえば、浮気できるチャンスがあったときに、やっているとバネが切れるわけですが、これは「覚悟」が足りないからです。

 

これ、一人の人だけを一生愛するとか、一途で有り続けるとかの「覚悟」じゃないですからね。それは逆に苦しくなっていくだけです。

 

それは浮気しそうになった相手のことも一生愛しぬき、守り切る「覚悟」です。

それこそが本当にモテるということであり、その「覚悟」がモテの源泉になるわけです。