恋愛モンスター

「恋愛 信頼」でGoogle検索1位(2020正月)の最高の幸福感を得られる方法

【Club】本命という発想をしている時点でその恋愛は100%失敗する(付き合う=本命でもあります)

本当に結婚する相手とは、嫌でも会う頻度が上がっていきます。

しかし、だからといって、その相手が本命だと考えていると、必ず失敗します。

 

まず、本命とは競馬などでギャンブルで使う言葉ですが、

本命:勝つ確率がいちばん高そうな馬

対抗:勝つ確率が2番目に高そうな馬

穴:勝つ確率があまり高くなさそうだけど「もしかしたら?」と

期待できる馬

大穴:上記の「穴」の中でも特に勝つ確率が低そうな馬

 

といった使われ方をします。

 

恋愛の場合は、対抗がいくつかある状況が理想です。

しかし、そこに順位付けをしていると、ダメになるメカニズムが次から次に発動してしまうわけです。

 

本命と考えている時点で、非モテコミット状態になっています。

実は付き合っている状態も同じことなのです。付き合っているときも、結婚候補の本命と思っているから付き合っているわけです。この場合、非モテコミット状態ではないですが、独占している「はず」状態ではあるわけです。

 

いずれの場合も、自分が相手にとって本命じゃなくなることが、リスクであり、不安であり、恐れであるわけです。

というのは、本命を得られない=自分は失敗者、相手は別の本命とくっついて成功者。

自分は一からはじめないといけない惨めな存在、相手はこれからハッピーライフという天国と地獄状態になるリスクがあるからです。

 

結果、自分が本命じゃなくなる可能性に対して、過剰な反応をしてしまうわけです。

 

付き合っていたら、浮気疑惑にヒステリーやモラハラなど、冷たい態度や怒りの態度を相手にぶつけてしまいます。

それは自分が本命であり、一番優先して向き合ってくれる相手でないといけないと考えているからです。

 

付き合ってなくても、相手が別の人と楽しい体験をしていると、たとえば、自分も一緒にそれをしたいとか、なんで自分がそれに誘われなかったのかとか、いらいらがつのり、会っているときもツンツンとした態度になり、自分が2番目に落ちたということは認めたくないので、どうしたの?と聞かれても、何でもない!と半ば怒った態度で返事をしたりして、その居心地が悪いものだから、段々と相手は他の人と遊ぶようになって、結果、俺たち合わないから別れようとなったり、離れていったりするわけです。

 

さらには、それがくせになっているので、複数の人間を付き合ったことがある人は握力がとても弱くなっていて、すぐに離れてしまったりします。

 

次の彼氏、次の彼女と考えている限り、それは上手くいかなくなる構造を抱えているわけです。

 

でも、結婚する人はいつか現れるはずで、その人は本命になるはずだと思っていると、じゃあ、どうすればいいのかとなるでしょう。

 

 

それがまさに結婚は必然の必然たる理由なのですが、それについてクラブで解説します。

 

続きはクラブで

 

 

molove.hatenablog.com