スマートフォン解析

処女性を上げる方法 その12 相手が子供だった頃をイメージして話す

世の中、凄く個性的な人が結構いますよね?


自分とは全然合わなそうな価値観もってそうだったり、スーパーイケメン、女優並みの美人とかいろいろいます。

 

それら全部に対応できるのがこの方法です。

 


たとえば、どんな美人でも子供の頃は別に普通だったわけですし、特に女の子の場合は多かれ少なかれお父さんと似ているので、自分の場合はまずお父さんがどんな顔しているのかなと想像します。


それだけであんまり女の子のような気がしなくなります。


また、どんなに美人でもさすがに40歳くらいになると、若さもなくなります。


細い体型の人はまだいいですが、体だけぽっちゃりする遺伝型の人とか、ほほがこけ気味の美人はがっつりこけてきますし、やっぱり、美人って10-15年の期間限定ものなんですよ。


なので、大切なのは内面の美人度であり、もっというと、処女性ですよね。


どんなに美人でもその生きてきた人生はわりと平凡なのです。


ファッションが凄い子はそれだけそのファッションに自分の時間を割かれているので、学力、体力、知識や技術も含めて内面のトレーニングはそれだけおろそかになっているんですよ。


子供だった彼女がどの方向に力をいれて、目の前の今の姿になっているんだろうと想像しながら接すれば、自ずと彼女の本質は理解しやすくなります。

 

 

イケメンに関しても同様です。女の子の扱い方がうまいイケメンはそれだけそこに時間をさいており、20代の一番大事なときに自分の価値を上げる、もっというと、生涯年収を上げる自己研鑽する時間がそがれているわけです。


また、どんなイケメンでも、はけたり、でぶったりするわけです。とくにたばこを吸っていたり、激務の仕事だと老けやすくなります。


そう考えると、仕事や勉強に頑張りつつも、処女性の高い態度がとれる男子の方が伸び率は高いわけです。


そこで、そのイケメンに惑わされない方法は、子供の頃の彼を想像することです。


そうすることで、彼が見た目に頼った人生を生きてきただけなのか、それとも、自分の外見に頼らずに生きてきたのかが見えてきます。

 

 

恋愛モンスターの究極の姿が聖母と表現したのは、人は子供の頃の相手に少し歴史が上乗せされただけであり、どんな相手に対しても、今のスペックに惑わされずに接することができるからですよね。


そうやって、いろんな人と接しているうちに今までこの人凄すぎと思っていた人もまぁ、時間の使い方が上手いだけで、普通の人のように感じられますよ。