スマートフォン解析
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【Q&A 70-4】 若い頃くらいすてきな恋愛を楽しみたいの矛盾

5段階で4の上くらいの小綺麗な女の子がモテるが故に使う言葉に

(結婚を考えなくてよい18-24歳くらいの)若い頃は恋愛を楽しみたい。

というのがあります。


結構デートの誘いはあるわけです。合コンしても連絡先をよく聞かれる。

周りの友達と見比べても私の方が顔立ちは綺麗。

ちょっとお嬢様風ファッションをしていれば、合コンではほぼ私が総取り。

ドラマの主演のちょっと地味な女優さんより、もしかして私の方が綺麗じゃない?

ということは、ドラマのような恋愛する資格、私にあるよね?ありえるよね?


って、ことで、とりあえず、素性や将来性は置いておいて、雰囲気よくドラマのような展開をみせたイケメンと付き合ってセックスするわけです。


ちょっと、何、私たち、ラブラブでこのまま、結婚しちゃうんじゃない?
なんて、浮かれているのも、最初の一ヶ月だけ。

だんだんセックスするときしか呼ばれなくなってきて、これって、どういうこと?

なんか、他の女の子にもちょっかい出してるみたいだし。

やっぱり、遊び人のクソ男だったと別れるわけです。

 

で、そんなことを繰り返しているうちに、いよいよ結婚適齢期を迎えます。

イケメンはクソだとわかったので、今更、イケメン狙いではありません。


しかし、自分のいるコミュニティーでは私に彼氏(セフレ)がいたことはみんな知っているので、同じコミュニティーのハイエンド寄りの男は、地雷原扱いされて寄ってきません。


とはいえ、その美貌ゆえ、外のコミュニティーに行くとそれなりにモテるわけですが、結婚を意識しているがゆえに実はモテないルールが発動しているのと、イケメンは信用していないので、うまくいきません。

そこで、地位や金をもっていそうな非モテ物件を狙っていくのですが、デートの場所、お金の支払い方、ファッションと何もかもがありえないくらいださいわけです。


全然、ときめかないんだけど?

私、別に金のために結婚するような女じゃないからと袖に振るわけです。


恋愛→結婚という流れだと思い込んでいるため、恋愛できないと結婚を考えられないわけです。

ところが、恋愛したい相手はよってこず、寄ってきた男は過去の体験にくらべるとあまりにださい。

 

かといって、今まで、対象外の男にはつれない態度を取っていた私が、いまさら、そういう男たちにしっぽを振るような態度は取れません。

試しにうわべだけ取り繕ってみても、男が勘違いしてマウンティングしてくるため、その扱いにカチンとくるわけです。

若い頃、モテまくった私がこれだけ譲歩しているのに、何?その態度。

おまえの何倍もイケメンだった元彼でもこれくらいはしたわよ!(セックス目的だからそれくらいはするんですけどね)

となるわけです。


実は、ストーリーを追いかけるという意味では恋愛モンスターも恋愛テンプレ脳も一緒なわけです。


いわゆるデートコースというのは、まさに恋愛テンプレ脳のために用意されたストーリーの場所ですよね?


恋愛モンスターが求めているストーリーは、典型的かつ短期的なそんなインスタントストーリーではなく、この二人だからこそ起こりえたレアなイベントや事件、思い込み、すれ違いなどなんですよ。
しかも、長い長いストーリーです。


恋愛映画って、ほとんど付き合う前の話ですよね?

ストーリーって、付き合う前じゃないと成り立たないからなんですよね。


そのため、恋愛テンプレ脳のストーリーはすごく短いです。遅くても3回目のデートで「付き合ってください」が発動するからです。

3回分のストーリーを作る場所がいわゆるデートコースなんですよ。


でも、恋愛モンスターが求めるのは、そんな短期の話ではありません。

惹かれ合っていた二人が、3年ぶりに再会してなんてストーリーはインスタントラブでは不可能です。

 

今回の事例で言えば、今は学生さんなので、どっちにしても結婚はできないわけです。

なので、こんなセリフはどうでしょうか?

わたしは、あきらさんと恋愛するなら、3年後にやっぱりおまえじゃなきゃ駄目だーーっていうような情熱的な恋愛がしたいな。

それまで、誰とも付き合わないけど、いろんな男の人とデートしておくから、そんな男達に負けない魅力的な男になっててくださいよ。


という風にストーリーを持ちかけるんですよ。

そうすれば、彼の気持ちをずっとロックし続けることができます。

もちろん、その間のデートの誘いはぜんぜん乗って構いません。