恋愛モンスター

「恋愛 信頼」でGoogle検索1位(2020正月)の最高の幸福感を得られる方法

【Club】お見合い案件をどう処理するか

ガチのお見合いもそうですが、友達の異性の紹介も断っているという人がいました。

この背景は、こっちがハイスペック寄りで相手がガッツリ来ることが予想されるからですよね。

 

普通の女性だと、恋愛テンプレ脳だから、恋愛の相手は一人であるべきだと考えていて、その候補すら揃えようとしないので、れんモス的な人は一人いればいい方で、結果、ありかなしかでありならフルコミットしちゃうわけです。

 

で、お見合いも含めて殆どの場合、紹介する人が自分の知っている男と女でこの人達が一番良い、でも、お互いフリーという人を引き合わせようするわけです。

性格の良い二人だからきっとうまくいくんじゃないかなと思って引き合わせるわけです。

 

でも、そんなのわからないわけです。それなのに、紹介してきた人たちは1回会っただけで、結果を求めようとしてくるし、こちらの条件が良ければよいほど、相手の女性もフルコミットしてきて、お互いの相性すらわからないうちから、さぁ、結婚に向けて付き合うの?どうなの?という感じで押してくるわけです。

 

彼女を断れるだけでよいならよいですが、知人の面子もかかっているため、断る段階に寄っては知人との関係性も悪くなるわけです。それはめんどくさいということで最初から断ったりするわけです。

 

このそもそもの構造は、もし、その女性がモテモテだったら、そもそもこんな話が来ないという事情もあります。社交的でれんモス的に上手に男たちをさばけるような魅力的な人なら、あの人に男性を紹介しようとはならないはずです。

 

紹介されるのは、可愛いのにガチガード娘。な子とか、可愛さではトップクラスでない上、上手く立ち回れなくて男性が寄ってきていない女性とか、下手すると、男性経験豊富でどの恋愛もうまく行かないみたいな案件であることすらあります。つまり、処女性がそこまで高くないことが最初から確定しているわけです。わざわざ火中の栗を拾う必要なくね?という判断です。

 

でも、実はこれも鏡像関係があるんですよね。こういう案件にどう対応するべきかも含めてクラブで説明してきます。

 

続きはクラブで。

 

molove.hatenablog.com