スマートフォン解析

人生テンプレ脳と恋愛モンスターの違い

一昨日のネタを書いてるときにいくつかyoutubeの指南もの、自己啓発ものを見ていたのですが、あぁ、そうかと気付いたのは、このブログで求めているものがそれらと全然違うということです。

 

molove.hatenablog.com

 

 

お金を儲けることでも、出世することでも、(セックス)パートナーを得ることでも、有名になることでも、何らかの戦績を残すことでもないんですよね。


テンプレートと違うという意味では、人生そのものでもそうなのかもしれないなと思い至ったわけです。

世の中で成功した人がいます。それは、お金を儲けたり、商売繁盛したり、出世したりしている人です。

でも、それが楽しそうかというと必ずしもそうではありません。

お金を儲けている人は、その使い道をもとめて、使うために何かをやろうとしているようにみえます。

好きなことがあって、それにどうしてもお金がある程度必要で、でも、それをなんとかやりくりして達成したときの楽しさはあまり感じられません。

欲しいものがすぐに手に入るからです。

そういう体験を繰り返した後、金持ちがよくいう、「欲しいものなんてない、お金なんてあってもしょうがない」という持ってないものには何を言っているんだと感じるあのコメントが出てくるわけです。


商売繁盛というのは、ある程度、需要にしっかり応えられているということです。それ自体は素晴らしいことですが、それゆえに多忙になります。
お客さんを幸せにしているということはいいのですが、自分の限られた時間までがどんどん割かれるのは本末転倒です。その辺の意識をどう持つかでしょう。


出世している人も、管理職的な仕事の割合が増える一方で、やりたい仕事、やりたい遊びの時間は削られるし、会社とか職場の利益追求を一番に考えてしまうと人間関係もおかしくなってきます。世の中で上司の悪口があふれかえっているのもそのせいですよね。

実は、部下や会社の人の幸せや生活やQOLを守ることファーストで考えると商売相手も含めてみんなが上手くいくのですが、そういう発想を持てない人が多いわけです。

 


自分はよく人生楽しそうですねと言われるんですね。本当に頻繁に言われます。それは人生テンプレ脳的な成功を成功と感じてないからというのもあるでしょう。

自分は成功していないとは全く感じてないからです。ただ、まぁ、世間体を保つためにほどほどにやるけど、でも、やるのは自分がやりたいことだけ。やりたいことは頑張るみたいな感じなわけです。みんなと楽しい関係でいるために必要だから頑張るという風にすでに動機からして、テンプレと違うんですよね。