スマートフォン解析

「彼氏」には二つの意味がある

彼氏がいるかいないか、いたら、その彼氏自慢が自慢じゃないような口ぶりではじまるというのは女子トークではよくある光景です。

 

この手の話題は男性には振られないんですよね。つまり、他人に聞かせるための話ではなく、あくまで同世代の女性に対して話すためのネタなわけです。

 

その場に男性がいると、むしろ、一切話さないくらいです。さすがに無料風俗嬢していますというのは自分自身の市場価値が下がるのでいわないようにするわけです。


たまにネタをふられてもいないのに彼氏トークを男性の前でするお花畑女子がいますが、それで自分の市場価値が下がることにすら気付いていないんですよね。それだけ男性の感受性に鈍感なわけだからその相手と結婚なんかできるわけないですよね。

 


さて、女子に対して彼氏いるいるアピールをするのは一義的には私には子供をつくることも含めて将来のパートナーになり得る人がいるアピールです。


単純に猿山の中で正妻ポジションを確保している(つもり)アピールなわけです。

それに対して、彼氏がいない人は使用人ポジションでしょ的な意味合いを感じるからマウンティング争いになるわけです。


あとは彼氏同士の格争いに持ち込むこともあるし、それで負けそうだと、彼氏がいかに私のためにいろいろ尽くしてくれるかトークで挽回しようとします。

 


その彼氏トークですが、実はもう一つ裏の意味があって、それは私は性欲を解消する相手がいますアピールです。

 

女性は誰々とセックスしたという話を女友達とすることはありますが、そのセックスがどれくらい気持ちよくて、私はどれくらい感じたかといった自分がどれだけセックスが好きかトークはほとんどしないんですよね。自分にどれだけ性欲があるかは結構秘密事項なわけです。

 

それは私がどの程度の無料風俗嬢かというダイレクトな情報であるため、それが男性にバレるのはリアルに無料風俗嬢扱いを受けかねないので秘密にしときたいわけです。

 

しかし、言わないからこそ勝手に相手にも同じくらいの性欲があるかもと仮定して、それが解消できているアピールをしてくるわけです。

 

この二つの意味合いを込めて女性はマウンティング争いをするわけですが、

しかし、幸福度は本来、信頼できる人がどれだけいるかによるので、ここで話される内容にはほとんど意味が無いわけです。

 

というのは、本当に信頼できる相手のことは他人に話す必要が無いからです。
これは本当の親友的ポジションにいる人の話を他人に話さないのと同じです。

 


つまり、彼女たちがアピールしている相手は、全く信用できない人アピールなわけです。
そんな信用できない男に私は捕まっていますアピールなんですよね。