スマートフォン解析

【Club】なぜ、男性はプロポーズしてこないのか

れんモスにしろ、付き合っているにしろ、こう思う時期というのは必ずあると思います。

 

  • 付き合ってそろそろ1年だよね。しかも、彼は結婚できるステータスにいるはずなのになんで何も言ってこないの?
  • 結婚したいと思っていると言ったのに、正式なプロポーズはいつなの?
  • 付き合っているわけじゃなくて、れんモスだけど、私に対してかなり非モテコミットしている割りにはプロポーズしてこないのは何故?


といったものです。

 

プロポーズを遅らせる最大の要因は、セックスできるです。別に結婚できなくてもセックスできるなら子供をつくるのを急がない限り特に結婚を急ぐ必要はありません。

 

ヘタに結婚すると、夜遊びもしにくくなるし、小遣いも減り、家事もしないといけなくなるわけですから何かきっかけが必要なわけです。


逆にプロポーズを早める最大の要因は、このままでは離れていってしまうです。

 

  • 他のハイランク男性からアプローチを受けている。
  • どちらかが転勤で近くに住めなくなる。
  • プロポーズの期限と言われた時期が近い。


などですが、とにかく何らかのきっかけがないといけません。

 

男性の年齢的にもそろそろというのもありますが、それでも、きっかけが要るわけです。

まれに出会って10分で結婚を決めていて、1か月や1週間でプロポーズしてくる人もいますが、それはそれで早すぎるわけです。

 


しかし、ベストなプロポーズの時期というのは、このまま結婚生活に入っていける、夫婦のような関係性になってきたときです。
まさにシームレスに入っていく感じで、そのためには、二人でいるとき、お互いにリラックスできて、何でも話せるような関係にできるだけ早くなっておくべきなわけです。

 

何を考えているのかわからないとか、

気に入らないところがあるがいえないとかでは駄目なわけです。

何でも伝わっているような状況です。


さて、本題ですが、結婚できるステータスにいながらプロポーズを躊躇する理由として、

A) それをきっかけに別れたり、もう会えなくなる危険性がある。

B) 他にもっと良い女性がいるかもしれない。

C) 他にはいなさそうではあるが、条件としてベストではない。

D) 自由に遊べなくなるのはちょっと嫌だな。

とかがあるわけです。

 

これらと先ほどのプロポーズの条件からひとつひとつを限界解除していくと、次のようになります。

 

続きはクラブで。

 

molove.hatenablog.com