スマートフォン解析

処女性を上げる方法 その29 対面営業の機会を最大限活かすべき

先日の福岡オフ会の最後に話した内容です。ぐるちゃの通話でも話をしました。

 

見知らぬ人と話すという機会を活かす意味でもっとも有効なのが、対面営業の機会です。

 

一番良いのは、すでに決済済みのサービスを1時間近く(長いほど良い)受けられるとき、もしくは、こちらがするとき。
しかも、複数回にわたってというのが理想です。

 

業務としては、整体とか、エステとか、散髪ですね。

 

 

次にスタバとか、定食屋とかの飲食店ですね。この場合、2,3分あれば良い方でしょうが常連になったりすることで時間をちょっとずつ稼ぐ感じです。

 

 

あまり良くないのが、これから契約を取ろうとしているときの会話です。利害関係が邪魔して自然な会話がしづらいからですね。
まぁ、こっちが売る側だけど、売れなくても良いくらいの気持ちならまだましですが。

 

 

こういった機会は割と気楽に話せるはずです。だからこそ、その中でいかに自然に楽しい会話に持っていくかのシミュレーションやトレーニングとしては最適なんですよ。

 

もう一つ恋愛モンスターとしてのメリットがあって、それはジョジョの法則がどの程度働いているかのスケーリングの正確性が増してくるんです。

処女性の高さが判断出来るというのもあります。

 

とにかくすべての機会を利用するつもりで店員さんと話してみましょう。

 

その次のステップとしては何かに並んでいるときに前後の人に話しかけるとか、前後のグループの会話にちょっと混じるとかですね。