スマートフォン解析

複数の男性と同時に付き合うことのメリット

れんモスとして複数の男性と同時に付き合うことのメリットをまとめておきます。

 

1) 女性の結婚相手としての市場価値は、30代で半減、非処女で30-70%減、40代で90%減、結婚して70%減くらいになります。


ということは、最強なのは、20代で処女で未婚な状態なわけです。

 

ただし、スムーズに結婚できるのは意外と、20代のバツイチ子供なしでしょうね。
一度経験があるので、決め手セットもおふくろマインドセットもすでに装備済みですから。

 

molove.hatenablog.com

 

 

molove.hatenablog.com

 

 

molove.hatenablog.com

 

 

molove.hatenablog.com

 

とはいえ、20代で処女で未婚というのは、あらゆる階層、ステータス、キャラクターの男性をもっとも惹きつけるスペックなわけです。

 

つまり、その時期にれんモス(物理的接触をしない異性の友達)を増やしておくことは、結婚相手の候補を増やし、および30代、40代になったときの人生の充実度を上げてくれます。

 

molove.hatenablog.com

 

 

molove.hatenablog.com

 

 

2) さらに一人の男性に非モテコミットしなくて済みます。とくに恋愛感情は半年ももたないくせにこの男性は一生の相手に違いないなどと勘違いさせるので、「いや、待てと、他にも何人かいるし、そう焦るな」と自分に言い聞かせる材料になるし、何より男性は自分のことを追いかけてくる女とは結婚しようとしないので、男性に追わせることがしやすくなります。

 

 

3) そうやって、いろんな男性と食事したり、話をしているうちに自分自身の話題や引き出しが豊富になってきます。処女性をあげることでキャラクターとして話しやすいだけでなく、相手の男性に新しい知識を与えることが出来るので、互いに成長できるパートナーとして相手に意識させることが出来ます。

 

molove.hatenablog.com

 


4) 男性が結婚を考えるのは、大学を卒業し、就職してキャリアが安定してきた頃の非常に短いスポットなんですね。

 

molove.hatenablog.com

 

男性側は理想の相手なんか探さずにほとんどの場合、その状況で知っている女性の中から、一番適当そうな子を、かなり適当に結婚相手として選びます。


そのスポットに入りうる状況じゃないといけないんですよ。


つまり、その男性と知り合いであることと、共通の知り合いの男性との交際履歴がない状態です。

 


5) 常にモテているが、かなりガードが固い娘として認識されているだけで、本来の魅力以上に自分を演出できます。
プロポーズしないと他の男に持ってかれるというプレッシャーを与えることが出来るわけです。

 

molove.hatenablog.com