恋愛モンスター

「恋愛 信頼」でGoogle検索1位(2020正月)の最高の幸福感を得られる方法

配偶者と釣り合うことの大切さ

ものすごい美人がいたとして、そういう人と結婚するチャンスがありそうと期待した場合、男は別に非処女でも処女でも気にしない。こんな美人と結婚できるならと思いはするのですが、実際に結婚した場合、美人の処女性が低めの場合、過去の男よりも自分の方が上である証明を男が求めるようになってきます。それはモラハラになることもあるし、浮気することで相対的に美人の格を下げようという動きになることもあります。

 

一方、美人の処女性が高ければ、そういう心理的動きは減りますが、逆にその処女性の高さゆえに、2ランク下の男では満足できないので、処女性の高い男を求めるでしょう。

処女としての処女性の高さはれんモスの積み上げで上がるので、非処女であった場合でも、もう結婚するまで誰ともやらないというスタンスでないと処女性の高い男を引き寄せることはできないわけです。

 

一方、奥さんの器量がそこまでよくないというパターンもままあります。

ほとんどの場合、恋愛テンプレ脳に振り回されて、男の処女性も下がっており、それに釣り合うような処女性の低い女性と結婚しているのですが、ワクワクするような新しい魅力が出てくるわけでもないので、ほどなくセックスレスになっていきます。

 

しかし、処女性が高い場合、常に新しい期待や魅力があるので、より処女性の高い男もしくはハイスペ寄りの男がよってくるわけです。とりわけ、処女であった場合、オスとしての格勝負で大きな勝ちが保証されるので、ますます強いコミットをしてきます。その意味ですごく勝負が楽になるわけです。

 

見た目の釣り合う、釣り合わない。スペックの釣り合う釣り合わないというのはどうしても出てきますが、それをアジャストして調整できるのが処女性の高さなわけです。そのため、処女性を高くしていれば、自ずと相手のスペックが高くなって、それが釣り合う状態になるわけです。