スマートフォン解析

はてブの勧めとぐるちゃの勧め+記事一覧(下に新着記事あります)

初めてこのブログに来たという人は以下の記事のリンクを読むと概略がつかめると思います。

molove.hatenablog.com

 

記事数が1800近くあり、探すのも大変なので気に入った記事は記事の左下にあるB!Bookmarkボタンを押しておくと後から探しやすいのと人気記事がわかりやすくなるので協力お願いします。

 

 

molove.hatenablog.com

 


地方ぐるちゃの活性化やツーマンセルのパートナー探しにも役立つのでぐるちゃの参加もお勧めしておきます。QRをダウンロードしてラインで読み込んでください。

molove.hatenablog.com

molove.hatenablog.com

 

f:id:MOLOVE:20190109001951j:plain

 

 記事一覧のリンクは下記です。

 

molove.hatenablog.com

結婚相談所・婚活会社の役割

molove.hatenablog.com

 

だいぶ昔に似たようなのを書いていますが、婚活事情の話が多いので、タイトルの話に絞って書いていきます。

 

基本、イケメンでも美人でも恋愛テンプレ脳的にモテている人はアプローチを受けることも多いので、どちらかというと、それを減らしたいと考えています。

特に自分の見た目だけでアプローチを受けていると感じていることが多く、自分の見た目に興味なさそうな相手に逆に興味を持つといった心理ベクトルが働きがちですね。

 

で、ほとんどの結婚相談所、婚活会社、婚活アプリは見た目ファーストで紹介されるので、そういう人たちは遊び目的以外では登録しようとしません。

 

でも、たまに女子でもはぐれメタルみたいになっている人がいて、そういう人は登録するとめちゃ人気になったりしますが、いずれにしても、そもそも処女性が高ければ、それなりに人の集まりに参加する機会が多いし、面白ければ、そこからさらに別の集まりに呼ばれたりするので、なかなか婚活会社に登録しようとはならないわけです。

 

 

結果、婚活会社に登録するのは、処女性が低めの人たちとなります。

値段が高いサービスはそれだけの所得が必要なので、社会的ステータスが高い人が自然と集まりますから、ステータスをある程度確保したかったら、高いサービスがいいでしょう。

 

しかし、いずれにしても、自力で異性を引っ張ってくるのが難しい男性とか、アプローチを上手に処理しきれずに困ってシャットダウンしてしまうような女性が多いわけです。

 

そこで、結婚相談所がする仕事は、

テレビや映画やドラマみたいな恋愛をお前ができるわけないだろ。

最低限守れていない人付き合いのルールはこれだから、そこは改善しとけ。

四の五の言う前にお前自身にどれだけ魅力があんねん、鏡みろや、ボケ。

 

ということをとことん優しく説明して、できるだけ早めに結婚させていくことなのです。

 

月会費が1万円なので、ずるずるとそれを稼いでもいいのですが、それだと成婚率が落ちるので、そこをあげて宣伝し、できるだけ多くの人に入ってもらい、高い初期費用を払ってもらった方が一人当たりのもうけは増えるわけです。さらに早めに出て行ってもらった方が一人一人のサポートの時間が増えるので、スタッフの数をセーブできます。

とくに大手は抱えている人数が多すぎてサポートに手が回らないので特にそうなります。

 

あと事業所の数が多すぎて、説得するのが上手な人材確保が難しいため、上手な人の動画とかでカバーしたりしていますが、要するに上のようなアドバイスを送って納得させようとするのがその狙いです。

 

ということは、その手の説得が上手ければ、それで商売が成り立つわけです。

 

それを集約して商売にしているのが、IBJのビジネスです。

 

日本結婚相談所連盟 

 

でも、恋愛モンスターはテレビドラマでも表現できないような出会いや人間関係があり、恋愛テンプレ脳の人付き合いのルールとかガン無視で、見た目とか関係のない処女性の高さで勝負できるわけです。もし、そういう力やスタンスをもって、婚活に臨めば、正直、圧勝です。

恋愛モンスターアプリというのはその辺を狙っていく予定です。

 

結婚で得られるものと失うものをしっかり意識しよう

恋愛テンプレ脳的に「結婚したい」はほぼ「独占したい」なんですよね。

 

その結果、何を得られて、何を失うかにはあまり考えが行きません。

 

他の異性に取られない、ずっと一緒にいられる。とかがあって、ずっと今みたいに笑いあえてるがあればいいのですが、世間のカップルのデートを見ていると一緒にいるのにお互いスマホと見つめあっていて何が楽しいのかというカップルが多いですが、そういうカップルは相手をしょせん自分の装備品の一つくらいにしか思えていないんですよね。

 

そう問えば、否定はするでしょうが、互いに向き合って、戦って、理解して、受け入れて、乗り越えて、その先を見ていこうという冒険心にあふれているカップルはほとんどいません。

自分にとって都合の良いパートナーであって欲しいと思っていて、とりあえず、現在、その枠の中に入ってくれているから安心くらいでしょう。

 

その枠からどんどん出て行って、ほらっ、こっちが面白いよと言ってくれるような相手は想像もつかないのでしょう。

 

 

恋愛感情は、相手が好きでい続けてくれているという期待と、そうじゃないかもという不安が最初にあって、さらに相手を独占していたいという気持ちで構成されていますが、恋愛テンプレ脳で付き合って独占をし続けていると、期待と不安はもう少し別のところに移動していきます。

 

私のことを殊更に大事にしてくれるのかという期待と、そうじゃないかもという不安です。

要するに釣った魚に餌を与え続けよという要求です。

 

結婚してからのヒステリーは浮気がどうこうよりもこっちの要素の方が強いでしょう。

 

これは、どんどん外の世界に広がっていってとは少し相性が悪いところもあるんですよね。とはいえ、それがないと楽しさは増えていかないので、内外内外とバランスを取りながら、拡張と深堀りをしていけるのが理想でしょう。

 

 

さて、得られるものというのは、独占状態です。しかし、それが確約されると、それは欲しいものではなくなるので、その独占状態に価値がないと意味がないわけです。

しかも、それは、独占していないと得られない何かでないといけないわけです。

 

まぁ、子供は一つの例として合っていますが、20年で出ていきますから、それ以外にも恒常的に一緒にいることで生まれる何かが本当は結婚で必要なものなんですよね。

 

そういう意味で、独占していなければ、無責任ゆえの無限の拡張性があるわけです。

端的に言うと、結婚すると、れんモスベイビーが育って楽しくて仕方ないという状態は失われます。

 

結婚で得らえるのは、セックスを永続的にできる関係性ですが、セックスでは長期的にみて、相手の心は得られませんから、本当に欲しかったのは何だったのかという問題もあったりします。

 

それゆえに結婚していろんな苦労を乗り越えていくパートナーとしての資質が実は結婚相手に一番求められるものなんですよね。

 

正直、それが一番大事なものです。その資質がしっかりと感じ取れるならば、結婚するべきだろうし、感じ取れないなら、いつか空中分解します。

 

 

タイトルに合わせて、書き直すと、 いろんな苦労を乗り越えていくパートナーとしての資質があるならば、苦難と笑いを伴った冒険を得られますが、それ以外のステータスや見た目や見栄は手に入ったように見えて、ほとんど価値が感じられません。価値があることはわかりますが、それに満足はできません。

それによって、何かを得られると思っていたものは実は何もなかったとわかるだけです。

 

本当に得られるものは、結婚前には想像もつかなかった苦労と笑いです。

 

逆に、結婚前に期待していたものは、結婚しないことによって100%得られます。ただし、そのことをしっかりとお互いが意識している必要がありますが。恋愛モンスターはそれを100%回収しに行く生き方なわけです。

 

恋愛モンスタークイズ募集

恋愛モンスターアプリで登録時に恋愛モンスターのことを理解してもらうためのチュートリアルクイズを出そうかと考えています。


そこで、こんなクイズならいいんじゃないというのを募集します。3択で程よい問題を考えてください。


関連リンクまでつけてもらえると助かりますが、なくても大丈夫です。


この記事のコメントか、メールか、ラインで教えてください。

f:id:MOLOVE:20190109001951j:plain

【Club】【Q&A 290-1】非モテコミットしすぎている相手をこちらから誘うのはありでしょうか?(非モテコミットの解消法)

さき Lv17

相談いいですか?

1番お気に入りの同じ学部の同級生のれんモスとのことです。

今までは講義もそれぞれの同性の友達同士で座っていて席が遠かったので、同じ講義に出ていても直接関わることがありませんでした。
それで逆にいい距離が保てていたのか、ほぼ毎日lineしたり週末には都内でデートしたり1度旅行もしたくらいの仲でした。

ですが、数ヶ月前から実習が始まってその彼と実習班が一緒になりました。
元々はグループで仲がよくて遊ぶ仲だったんですがはここ2年くらいは2人でデートすることがほとんどで彼は優しいし話も盛り上がるしみたいな感じでお互い良いところしか見えなくてうまくいっていた感じでした。
でも、実習で毎日顔を合わせると彼の言動に一気一憂してしまっていらいらしたりしてそれが原因で喧嘩になってお互い口を聞かなかったときがありました。
同じ班のもう1人の女子が美人で処女性もまあまあ高いんですが、彼がその子に優しくしたり楽しそうにしているのを見て私が不安になっているというのもあります。

喧嘩になったときはしばらくしてから彼の方からlineが来て話し合って、元どおり実習中は特に問題なくなりました。
でもやはり実習が始まる前とは違って彼の方から連絡が来ることはないし、私から連絡しても返事は必ずしてくれますが前と比べたらそっけないような感じです。

実習が始まる前もぎくしゃくすることは何度もあったんですがこんなにちゃんと言い合って喧嘩したのは初めてでした。

喧嘩がきっかけかわかりませんが実習前と違って、デートも誘ったらしてくれるしそのときは楽しそうにするんですが誘うのはいつも私からになってしまいました。

さすがに非モテコミットしすぎですよね。他のれんモスだとこんなに気になったりしつこくしたりしないのに、情けないです。

しばらくは私から連絡したりデートに誘ったりというのは、やめた方がいいでしょうか。  

---------------------------

 

いらいらしたり、怒ったりするのは独占欲からですよね。

 

常に肝に銘じておかないといけないのは、「恋愛感情は邪魔でしかない」ということです。

 

恋愛感情があると楽しいと思いがちですが、恋愛感情は常に不安とセットになっています。

 

相手のことや、相手との関係性がわからないから、ドキドキするわけです。

 

たとえ、私たちラブラブ状態よと付き合っていたとしても、ふとした瞬間に相手が他の異性と仲良くしていたら、懐疑心と不安と不満がふつふつと抑えもきかずに湧き上がってくると思います。

 

要するに独占していないと気が済まない状態になるのですが、そうすると二人の情報量はしりすぼみでだんだん退屈になってきて、そもそもの恋愛感情すらなくなってくるわけです。

 

今回の例でいうと、無限の可能性があったのに、友達へのやきもちで有限の関係に感じられて相手がだんだん退屈になってきているわけです。

 

さて、今回の例はどうしたらいいでしょうか?非モテコミットの解消法としてまとめてみます。

 

続きはクラブで。

 

 

molove.hatenablog.com

 

【Club】【Q&A 289-1】「好きな人には性欲がわかなくてセックスしたいと思わない」理由

質問です。

スノボー行った3人と深い話になって出てきた話題。

 

「好きになった子とか付き合ってる子には性欲があまり湧かなくて、セックスしたいと思わない。抱き締めたりずっと一緒にくっついていたいとはすごく思う!とても大切だという感覚は沸き上がる。

その辺にいる、露出度高めのビッチにはめちゃめちゃ性欲が湧く。自分の性癖とかぶちまけたくなる。

けど、好きな人に求められたら嬉しいし、求められたらセックスする。でも自分からはセックスしたいと思わない。」

的なことを言ってる男性がいました。で、同意してくれる男性もたまにいると言っていました。

 

これを私なりに解釈してみたのですが、

 

彼はテンプレだから、セックスまでが恋愛になってる

→けど、本当に好きな子には性欲湧かない

→「彼女(好きな人)」が求めてきてセックスする

→簡単にヤらせる女だなーと真相心理で思っていて嫌悪感を抱く(ただし無意識的で自覚はないかも)

→この無意識の嫌悪感があるから、自分からセックスしたくなくなる

 

あとそもそもなんで好きな子には性欲が湧かないのかは、単に大切な人をセックスで満足させる自信がないとか、嫌われたらどうしようという思いがある。

要は根本的に自分に自信がない

 

のかなー???と思ったんですが、どう思いますか? 

----------------------

 

セックスの快楽は陰部も含めて、体表面の接触や圧迫感覚で得られるもので、それプラスシチュエーション感覚や痛覚くらいが効いてきます。論理的思考は邪魔でしかないので、思考的に選択の余地があると冷めてしまうため、セックス中、論理的思考はシャットダウンされています。 

 

だから、不倫などやってはいけないセックスも、やり始めてしまったら、その結果どうなるかなんて考えずに最後まで突っ走ってしまうわけです。 

 

露出度高めのビッチも結婚や付き合うことを考えなくていいので、見た瞬間から脳内でセックスが始まっているような状態なわけです。 

 

さて、好きな人と自分からはセックスしたいとは思わないとはどういう心理状態なのでしょうか?

 

女性側としてはセックストリガーを引かれているので、私のこと飽きたのかしらとか、好きじゃなくなったのかしらとか悩むこともあると思います。 

 

その辺をクラブで解説していきます。 

 

続きはクラブで。

 

molove.hatenablog.com

 

日本人の処女性が低めな理由

良い視点だったのでそのまま載せておきます。
---------------


日本人の処女性が低めなのって
相手を1人の人間として尊重せず
相手に真剣に向き合って
相手の立場になって相手の目線で相手の気持ちに寄り添って
本当の意味で話を真剣に聞けない人が多いからじゃない?

まず親が子供の話を面倒くさがったり子供の言うことだからと軽んじて真剣に取り合わなかったりバカにしてて
1人の人間として向き合わないし考えることを回避しかしない。

だからその子供も人の話を聞けなくなるし人を軽んじたりバカにしたり
面倒ごとを回避したり
真剣に向き合わなくなる。

結果、ちゃんとした信頼関係で結ばれる人が少ない状態になり、非モテになり、
異性を信頼関係でなく自分の役に立つかどうかか恋愛感情で判断する恋愛テンプレ脳になりやすい


結果、異性との当たりの関係をきづきにくくなる
年配の人ほど、差別意識や偏見のある人多いし
人をバカにしてたりしがちになる


親がそういう風だと
その子供は自分自身の話を聞けなくなる。
軽んじたりバカにしたりしかできなくなる。


自分の話が聞けなければ
人の話を聞けるわけがない。

 

そうならないためには
自分のことも人のことも
全てに対して差別意識や偏見を持たずバカにせず
真剣に向き合って聞いて大事にするしかない。


でも、話を聞ける状態になるには人との信頼関係や愛情が必要。
れんモスみたいな関係が増えてくると心が安定してきて話を聞けるようになってくる。

-------------------


要するに大切なのはどんなに小さな子供であっても、一人の大人と同じように接するということです。


それは他人の子供であっても同じで、町の公園で話しかけた子供であっても、電車の中で隣に座っている子供でも同じです。

一人の大人と同じように接してみればわかりますが、意外と子供はちゃんと応えようとするんですよね。そして、素直に凄いね~とか、バカだね~とか突っ込んであげればいいわけです。

 

人と人の信頼関係を大事にしたいとか考えていると、いつまで経ってもそれが得られないという話

信頼関係というのは恋愛モンスターでも大事な項目ですが、 信頼関係を大事にしたいと考えていると、全くそれが手に入らないということを説明しておきます。

 

もちろん、信頼関係を大事にはします。ドタキャンとか、遅刻とかは相手の時間やお金を奪う行為なので、信頼関係があろうがなかろうができるだけ避ける努力はします。

 

 

何が違うのかというと、相手に信頼関係を維持するための行動や言動は求めない、期待しないということです。

 

実は相手が信頼関係を崩すようなことをしてきたときにこちらの心の反応は二つに分かれます。

 

ひとつはこちらがある程度コミットしている場合です。

この場合、おそらく失望と怒りと、それでいて、こんなことで怒っては駄目だという自責の念の負の三つのエネルギーに襲われるでしょう。

 

テンプレタイプはこのとき、すぐに怒ったり、毒づいたり、あとで悪口を言ったりします。

「信じらんないんだけどぉ」と毒づく会話を耳にすることはよくあると思います。

 

 

この場合の適切な対応は、その場では、心の評価をゼロにして、次回用に相手の信用度を少しだけ落としてそうならないように根回しして対応します。

というのは、こちらは失望しているのですが、そこには恋愛感情と同じで過剰な期待も含まれているからです。

 

単純に相手がそこまで大事と思っていなかったという例もあるからです。

もしくは、何をどうやってもルーズな人というパターンもあります。それならそれで、そういう人だと受け入れるのが結果的に一番生産性が上がるわけです。

 

 

そして、もう一つのパターンがまさに何とも思わないというパターンで、時にこんな人だったか、やれやれと思いつつも同時にちょっとワクワクしているときもあるかもしれません。

決して良いことではないのですが、れんモスGやれんモスB的で、どうでもよい相手と思っているから素直に相手の行動を受け入れられているわけです。

 

 

さて、最初に戻ります。

信頼関係を大事にしたいと考えている人は、こちらが相手を信頼してこうしているんだから、あなたも同レベル、もしくは最低限の対応をしてほしいと思っているわけです。

 

しかし、これはまさに恋愛感情と同じで、こっちが勝手に何かを期待して、それを相手に押し付けているだけであり、何なら相手のことを信頼して何をしても受け入れることと真逆のことをしているとすらいえます。

 

そして、期待している見返りが得られないと、もう知らないと絶交するような態度を取ります。実はそれが自分の信用を一番落としているのですが、だって、仕方ないじゃん、相手が悪いんだからと考えるわけです。でも、恋愛感情と同じで、その相手はこの世にいない自分が勝手に妄想した相手なんですよ。

 

じゃあ、どうすればいいかです。

 

相手のことをある程度理解できて、信頼していた人から、

既読スルーや、未読スルー、ときに罵倒されたり、冷たい態度を取られることもあります。

 

しかし、相手のことを理解していればいるほど、なぜ相手がそんなことをするのかはわかるので、それも淡々と受け入れます。

 

本当に人から信用されようと思うなら、そういう態度を取るべきなのですが、でも、別にそれが目的ではありません。

 

 

人を愛する覚悟というのはそういうものなんです。それは長い時間軸を俯瞰するように見て、そういう時期も含めて相手を受け入れるんです。

 

皮肉なことにそういう負の行動をとられたときに心穏やかにいられればいられるほど、本当に欲しいものは早く手に入ります。

 

恋愛モンスターアプリ開発についてのご意見募集

このブログの趣旨に沿ったこのブログのための課金制のアプリを作る予定です。

 

軽く調べた感じだと開発費は数百万くらいかかるようです。

 

そこで、自社で作ったことがあるけど、ここが良かった、ここが悪かったとかの体験談。

 

またはこんな機能があってくれると嬉しいというアイデアを募集します。

そのためのぐるちゃも用意しているので、意見やアイデアがある方は連絡ください。

 

f:id:MOLOVE:20190109001951j:plain

【Club】婚活会社・結婚相談所のサービスの値段は高いのか安いのか

結婚相談所はざっくり分けて4つくらいに分かれます。値段が高い順に挙げていきます。

 

1)高所得者向けのエグゼクティブサービス

 

値段は高いです。相手が医師程度の年収だと女性の方が高く出さないといけないサービスもあるでしょう。

 

男性は共同で狩りをする習性があり、組織に属するのが好きなので、高所得者向けのサービスで宣伝すればある程度集まるのですが、そういう男性が求める美人で聡明でという女性は処女性が高いか、ガチガード娘。なので集めにくいのが問題です。行先のないコンパニオンあがりの子をある程度集めて見栄えをよくすることで、なんとか体裁を保っている感じでしょうか。

 

東京カレンダーガールのように男はお金、女子は顔で審査して、最初からセフレ集めみたいに使われていることの方が逆に集まりがいいかもしれませんが、どうしても打算的な女子が集まりやすく、結局、 高所得者は知り合いの紹介で結婚とかが多そうです。

 

2)全国展開している婚活会社

 

割とみんなが知っているツヴァイとか、Omiaiとか、ゼグシィとか、パートナーエージェントとか電車でもたまに宣伝広告があるような会社です。

 

宣伝にお金をかけている分、値段が上がりますが、その分、独自の顧客リストを持っており、ある意味それが一番の強みです。

 

今回は後半でこの層の会社の値段を比較検討していきます。

 

3) 地方でしかやっていない小規模婚活会社

 

小規模なので、宣伝費をかけて、例えば地方医学部単体を狙い撃ちして集めるか、ほとんどの場合はIBJという会社のサービスを土台に個人で展開している場合が多いです。

 

婚活会社としての質は経営者・相談請負人に依存していますが、個人でやっていこうという気概があるのと、顧客の数が大手より少ないので、サービスの手厚さでは平均的に上回ります。

そのため、純粋な比較サイトではこういった地方の会社がすすめられていることが多いです。

 

料金はエントリーコースで

┗入会初期費用165,000円( 税別 )
 ┗月会費 15,000円( 税別 )

   ┗成婚料 200,000円( 税別 )  

 

4) 街コン、合コンなどのセッティングサービス

 

都度払い的で会員制ではなく、その場に集まった人でなんとかしてくれというサービス。

上記の1-3も同様の企画を立てることはあります。

 

スタッフによるサービスがほぼない分、ペアーズもどちらかというとこれに近い感じでしょうか。

 

例えば、下記はパートナーエージェントがしているもので、男性1000-4000円くらい、女性1000円でお見合パーティーをするものみたいです。

安心・安全!パートナーエージェントの婚活パーティ♪ 

 

さて、ここでは、(3)の料金を見ていきましょう。

 

 

  • ツヴァイ

イオンの結婚相手紹介サービス「ツヴァイ」 

 

料金表(2019年10月現在)
・パーソナルサポート スタンダード
 ┗入会初期費用95,000円( 税別 )
 ┗月会費 10,500円( 税別 )~

・パーソナルサポート プレミアム
 ┗入会初期費用145,000円( 税別 )
 ┗月会費 10,500円( 税別 )~

・エリア限定 パーソナルサポート
 ┗入会初期費用80,000円( 税別 )
 ┗月会費 10,900円( 税別 )~

 

年間20-30万程度ですね。  

他にもいろいろ料金体系があるようですが、パーティーも含めて紹介人数が156人/年以上とあります。

 

 

  • オーネット

オーネットの詳しい資料差し上げます 

 

・20代女子向け特別プラン

  ┗入会初期費用50,000円(税別)
  ┗月会費 10,300円( 税別 )

 

オーネットは20代に女子だと少し安くなるのが売りなんですよね。

 

 

  • ゼクシィ

無料の個別相談会予約はこちら 

 

スタンダードプランで

    ┗入会初期費用30,000円(税別)
 ┗月会費 16,000円( 税別 )

 

ゼクシィは顧客満足度とかを売りにしているようです。

 

  • パートナーエージェント

高望みから、はじめよう。1年以内に結婚したいなら、結果にこだわるパートナーエージェント|結婚相談所ならパートナーエージェント【成婚率No.1】

 

コンシェルジュコースで

┗入会初期費用125,000円( 税別 )
┗月会費 16,000円( 税別 )

┗成婚料 50,000円( 税別 )

 

  • ペアーズ

無料ですが、やり取りする制限を解除するのに4000円~くらいはかかります。

 

 

これらを2年間やったとして、ざっと40-60万円くらいでしょうか。

切りの良い数字として50万円としましょう。

 

仮に専業主婦希望とします。日本人の年収は年々減っていますから、半分が奥さんのものとしてざっと1億円くらいを50年間でもらって家の仕事をするみたいなものとします。

 

1億円に対して、50万円がやすいのはわかると思いますが、もうちょっと身近な感じで考えてみましょう。

100で割ってスケールを小さくしてみます。

 

アラサー女子が一般的に希望するスペックの独身男性は多くて5%程度しかいません。女性の未婚率は30-40%くらいです。

 

男性100人がいるパーティーに女35人で参加したとします。パーティーは2時間です。そのうち、5人が100万円を気に入った女性にあげることになっていますが、どの5人かは聞いて回らないとわかりません。

そこに5000円貰えたら、その5人を教えますよというのが、婚活会社です。

 

2時間で100人全員と話すとすると、移動の時間や話していない人を探すのも含めてひとり72秒です。それを、5000円払うと一人24分貰えるわけです。

 

コストパフォーマンスは圧倒的にいいですよね。

 

 

後日、別途記事は挙げますが、じゃあ、なんで、みんながこれらを利用しないか、もしくは利用してもうまくいかない場合があるかです。

 

それを軽くクラブで説明しておきます。

 

続きはクラブで。

 

 

molove.hatenablog.com

 

【Club】なぜ、恋愛テンプレ脳の女子は処女を早く捨てたいと考えるのか

恋愛テンプレ脳的に、処女は早く捨てたいと考えるのはどうしてでしょうか?

 

ほとんどの男性が結婚するなら処女と考えていて、できれば結婚したいと考えている女子が半分以上はいるのになぜ需要と真逆のことをしようとしているのでしょうか?

 

 

ひとつは、 男性が結婚するなら処女と考えてるなんて知らないからですよね。

男性に聞いても、そんなの気にしないよと答えるからなおさらです。

 

これにはちゃんと理由があります。

 

結婚するなら処女と答えてしまうと、目の前の女子が結婚前に股を開かなくなる可能性が増えるので、結婚相手として考えていない目の前の女にそんなことをされてもセックスをしたいだけの男にとってはデメリットでしかない。

 

そんなことで差別しないよアピールで、余裕のある態度をとって、ワンチャンの可能性を上げたい。自分をでかく見せたいというのもあるでしょう。

 

あとは、もともと負け犬根性で処女の女の子なんて世の中にいないとあきらめてるパターンもあります。

 

 

なので、もし、結婚できるステータスになって、

ちょっと派手で美人だけど、おそらく非処女と、普通にかわいいくらいで真面目すぎておそらく処女の2択があると、男性はほぼ後者と結婚します。

 

ガチガード娘。はなんとなくそのことを読み取って、逆にガチガードになりすぎているわけですが。

 

 

さて、タイトルの理由ですが、恋愛が3回デートして、告白されて、付き合いだしてしばらくしたら花火や遊園地とかにデートでいったときに手をつないで、帰り際にキスをするようになって、抱きしめあって、彼の家に行くようになったら、そのうち、セックスするまでが恋愛と思っているからなんですよね。その関係を上手く長く続ければその先に結婚がある。仮に上手くいかなくても、次頑張ればいいと考えているわけです。

 

で、その恋愛のスタイルを滞りなくスムーズに進めるには、その途中できょどった態度でわたわたするのは恥ずかしい。

素敵な彼とはスムーズにことを進めたいと考えているから、早く処女を捨てたいと考えるわけですが、スムーズにセックス出来てる時点で、素敵な彼から肉便器認定(絶対結婚しない相手)されるだけなんてことまでは考えが行かないわけです。

 

さらにその素敵な彼のためにとりあえず、処女だけ捨てとけと、どうでもいい相手とセックスしたりして、自分の市場価値を加速度的に落としたりするわけです。

 

逆に大学デビューでそれこそ結婚したいと思えるような人と付き合えても、ほとんどのカップルは別れるので、セカンドヴァージンコースか、こじらせた恋愛を2,3回して絶望するパターンですよね。

 

恋愛テンプレ脳もガチガード娘。も、この問題の本質的な解決法を見誤っているわけです。

 

ちゃんとゴールから考えていけば、何が必要なのかはわかるはずです。

 

続きはクラブで。

 

 

molove.hatenablog.com

 

自己受容、自己評価 、自己効力感 、自己肯定感、自分軸の違いについて説明しておきます

自己なんちゃらの言葉が結構出てくるので、このブログで使うときの意味合いや言葉の階層を説明しておきます。

 

自己受容は自分のスペックと自分の自分に対するイメージにずれがない感じで、自分は自分のままでいいんだみたいな感覚です。

 

これは母親からの無条件の受け入れで得られますが、とはいえ、20歳前後で独り立ちしたときに、社会からの判定にさらされるので、そこで再構築する必要があります。

 

再構築するときのわかりやすい例は、

勉強して志望校に入れたとか、部活で頑張って賞が取れたとかで、何らかの承認を得られると得やすいでしょうね。

 

自分の境界をはっきりと意識できるようになるのが、自己受容できている状態で、これができていないのとそのあとの自己認識が狂い始めます。

 

 

自分とはこんなものであると、自己受容した後に評価をするわけですが、このときに自己受容が上手くいっていない人は、自分の境界線がはっきりしていないので、他者評価が入りやすくなるわけです。

 

で、そういった評価をするときに

 

自分はこれくらいはできる、これはできないといった 自己効力感をまず感じますが、これはやってみないとわからないこともあるので、努力する、挑戦するという姿勢が必要で、その結果、得られるものがあるという予想や期待がないとできないため、卵が先か鶏が先か問題でもあります。

 

ただのその実感が湧かないなら、とりあえず、頑張るでもいいでしょう。

 

そのあとに自己肯定感がきます。

このときに結果が出ていても、出ていなくても、自己肯定感は持てるのですが、そのために必要なのが好きなことをしているという自覚です。

 

 

これを逆回しにして、好きなことをしているから、自己肯定感が持てていて、その中で自分にできることをある程度見分けできていつつも、プラスアルファの可能性も信じられるような自己効力感を持てて、そういう自分を自分機軸で評価して、自己受容できている状態を自分軸を持てているというわけです。

 

このとき、評価軸に他人軸を入れてしまうと、上の行程の前にも後ろにも狂いが生じるわけです。

 

ちなみに信頼は、この自分軸のぶれなさに生じます。

何を言っても聞かないや、言うことが変わらない人は、逆に言うと、それを織り込んで行動するときにすごくありがたいんですよね。定点になってくれるからです。

 

【Club】怒るというのも他者評価の現れ  ~ 自分軸とは

 

molove.hatenablog.com

 

もし、こちらの言うことに相手が怒り出したら、それはまさに相手が気にしていること周辺にホールインワンかピン寄せできているということなので、放置しておけばある程度勝手に相手の情報をだらだらと放出してくるはずです。

 

逆に反応がなかったら、グリーンすらのっていないということなので、もう一度打ち直した方がいいです。

 

さて、怒るというのは、何らかの評価軸で自分が下の方であると指摘されたときにおこる感情ですよね?

 

よく言うじゃないですか、侮辱されたとか、ばかにされたとか、

 

それって、侮辱されたは自分が自分のポジションと考えている位置より低い位置を提示されたとか、

 

ばかにされたは、相手よりも下と見なされたとか、そんな感じです。

 

さて、もし、自己評価で自分がこれがだめだなと納得していることを指摘されたら怒るでしょうか?

そのことを他者が高く評価していて、それを自分が認識していたら、逆によくわかったねと感心しませんか?

 

一方、自分ではここをもっと高くしたいと考えているけど、周りからはやっぱり低いと評価されていそうと認識しているところを低いと言われると怒りますよね。

 

これは自分の中に他者評価軸をインストールしている場合に起こるわけです。

 

これをどう回避していくかについてクラブで考えていきます。

 

続きはクラブで。

 

 

molove.hatenablog.com

 

恋愛モンスターの最大の敵は他者評価である

この3,4年ずっと同じような相談を受けたりしている子がいて、そのほかにも上手くいかないという悩みとか相談を受けている子たちに共通する特性に気づいたので取り上げておきます。

 

それは最後の評価を他者に任せているスタイルなんですよね。

 

これって、非常に日本的な問題で、子供のころからテストや親の評価にさらされているんだけど、その軸の自由度がすごく少ないのが日本です。

 

特殊な能力、特殊な才能、逆に劣っている能力、目立ちすぎているキャラクター、逆にひきこもるキャラクターを個性として認めてあげない文化があるわけです。

 

それは高度成長期にできるだけ同じように働く人を増やした方が効率が良かったからです。

新しい産業を立ち上げる人材が必要なのもありますが、それ以上に需要があるから、そういう能力は東大や京大などトップ層に丸投げして残りは金太郎あめ戦隊に頑張ってくれと。

 

そして、その暁に総中流社会を形成して、世界第2位の経済大国にのし上がったわけです。

 

そのために画一的な他者評価は非常に有効だったんですよね。

そういう文化的な背景がまずあります。

 

そして、子供のころはずっと母親のもとにいるのも割と日本の特徴です。

だから、評価軸が母親だけという状態にならさせられます。つまり、ひとつの評価軸さえ見とけばなんとかなるという習性が身についてしまうわけです。

 

その結果、周りの目を気にする、周りと同じようにする、出る杭にならないように目立たないようにするようになるわけです。

 

ここ最近の自分軸、自己評価、自己肯定感といったものをいくら持っていても、最終評価を他者に依存したり、他者評価を優先させていると最後の最後に大こけしやすい状態になってしまうんですよね。

 

例を挙げるとこうです。

 

私は才能はそこまでないかもしれないけれど、こんなに頑張っているのに、どうして、親や会社は私のことを認めてくれないのか、褒めてくれないのかと落胆する。

 

こんなに頑張っているのにと自己評価は高いのですが、他者評価がついてこないから、全部だめみたいな評価にして自己肯定感を持てなくなっているわけです。

 

恋愛モンスターの基本的な部分でいうと、

 

れんモス活動をしようとしたときに、周りの同性や相手の男性から、そんなの普通じゃないよと言われたときにその他者評価をはいそうですかと乗り越えられるかどうかですよね。

合理的に考えれば、こっちの方が楽しいし、もっとも効率よく美味しい結果を得られるという自分軸をどれだけ押し通せるかです。

 

悪意のある言葉には怒るだけ損、一番の反撃法

嫌味とか、妬みとかでチクリとした言われたと感じる時があったとします。

 

最悪なのは、それにむっとしたり、内心落ち込んだり、パニくったりすることです。

相手の目的はこちらを怒らせたり、動揺させたり、組織内の立場を悪くさせたりすることなので、まさに思うつぼですよね。

 

なので、一番の反撃は意に返さないことです。

 

議論の鉄則で、相手の言うことを100%認めてから切り返すのが理想でしょう。

 

 

しかし、もっと上級な対処法は、悪意すら感じ取らないことです。

こちらがあまりにも高いステージにいて、全く気付けませんでしたみたいなイメージです。

 

これができると今度は相手が、あれっ、もしかして、こっちがばかだったのかしらと内心思わせることができ始めます。

 

最初はそれに反発して、嫌味がエスカレートしてきたりすることもあるかもしれませんが、足元のありんこが何かを叫んでいるようでごじゃるという態度を取り続ければ、相手の心の洗浄効果が出てきて、そのうち、言わなくなってきます。言うのが嫌になってくるんですよね。