スマートフォン解析

恋愛モンスターが恋愛テンプレ脳より楽しい理由

ぐるちゃの方で恋愛モンスターの何が良いのか的な話があって、その中で綺麗なまとめのコメントがあったので載せておきます。


元々の質問はれんモスと女友達は何が違うのかというものです。

 

あと、下心は男女共に少なからず普通にあると思いますよ。

むしろ下心がある方が、マンツーマンで50時間を過ごすという課題をクリアしやすいかと思います。

人間的にも性的にも魅力があると思う相手と、付き合ってもない、手すら繋いでいない、まだ何も始まっていない状況そのものが、互いに期待感をくれるわけで。

その一番楽しい時期をあえて長く取り、2人の関係性をそこで停滞させることが、れんもすの楽しさだと思います。

女友達とは、また違う関係性かなと思いますが、いかがですか。

 

 

恋愛モンスターといえど、セックスへの期待とか誘惑はあるわけです。もっというと、

  • 手をつなぎたい
  • キスをしたい
  • セックスをしたい
  • つきあいたい
  • 結婚したい、もしくは結婚するかも

こういった期待とか欲は少なからずあるわけです。

恋愛テンプレ脳は結婚の意志はとりあえずおいておいて、付き合っていれば、そういったものは自然と湧いてくるだろうという幻想(虚構)を元にとりあえず、目の前の欲求を満たそうとしてしまうわけです。


それは時間軸をみて、何が幸せか、何が長期的な楽しさを与えてくれるかを想像できない、いわばジャンキーなお猿さんみたいなものです。

 

恋愛モンスターにインテリジェンスが必要なのは、そういう衝動的な欲求を満たそうとする前に一回理性的な判断をします。


それは未来の数秒のことしか考えることのできない下等動物と、もっと先のことを想像できる高等動物の違いみたいなものです。

 

でも、そのためには一度、その先のことを体験した方がいいでしょうね。


先のコメントはれんモスと女友達は何が違うのかという質問に対する答えだったのですが、手をつなぐから始まる恋愛行動を何ひとつしていないからこそそういったことに対する期待が全部詰まった状態で、かつ別れたり、つきあえない、振られるといった不安が極限まで下がった状態が恋愛モンスターです。

 


普通の恋愛のドキドキ感は、つきあえるかもという期待と、駄目かもという不安が均衡していて、期待の方が徐々に高まることで生まれてくるのですが、つきあえてしまうとそういった期待がなくなって、あとは性欲を満たす欲求と相手に対する不満からの相手に対する別れることへの不安という期待が残るだけな訳です。


恋愛モンスターにわざわざ恋愛という言葉がついているのは、恋愛の期待感みたいなものを利用しているからこそなんですよね。

 

で、その入り方や出方によってタイプを分けているわけです。

 

molove.hatenablog.com

 

 

結果、得られるのは、付き合ったり、つきあいかけているときの一番楽しいワクワク感と長年連れ添った夫婦のような安心感の間を行ったり来たりするようなことが永遠に続く状態なのですよ。