スマートフォン解析

自己肯定感が恋愛モンスターの本質のひとつである

ということにさっき気付きました。


以前、心に刀を持てという記事を書きましたが、処女性を上げる方法を実践していると自ずとたどり着くのがそういうことなのかなと。

 

molove.hatenablog.com

 

molove.hatenablog.com


特に女性に多いのですが、周りから自分がどう思われているのかを極端に心配している人がいます。特に女社会というか、女だけのコミュニティーでははぶられたり、いじめられたりしないために気を遣っています。


それは太古の昔、生きるか死ぬかのぎりぎりのところで生き抜いていた社会的動物である頃の習性が残っているんだと思います。狩りをする男と違い、子供を守り、チームを守らないといけないので、自己主張せず、総意についてくるタイプの方が生き残りやすかったからでしょう。


しかし、生きることや、種の保存、チームや集団の保存といったことは、国家や地方自治体の目的として任される構造となっているため、個々人は、その社会がより豊かになることを期待されていると言って良いでしょう。


それには規定の枠組みを守るヒトもいれば、新しい枠組みを作ってくれるヒトも必要です。


つまり、レジ打ちや掃除や建築など、今ある社会構造をただ守るために働いてくれる人も絶対必要だし、新しいインターネットサービスなど、より社会が便利になるように新しいものを創ってくれる人も必要です。


特に後者は既存の習慣をもっと便利にという開拓心が必要であり、自分の邁進している道に対して強い自信を持つ必要がありますし、それを持ち続けたものだけが成功のチャンスを得られます。

 

 

さて、ちょっと話が大きくなりましたが、恋愛工学なり、DQNや恋愛テンプレ脳なり、刹那的な快楽だけを求めている人は、自分はくずですよとあっさりと言葉にします。恋愛工学は本当の愛を求めていることを標榜していますが、本当の愛を得たという人はいません。むしろ、極めきった後に空しさだけが残ることすら多いです。


恋愛モンスターは積算の世界なので、基本、マイナスになることがありません。


わかりやすくいうと、振られることもないし、嫌われることもありません。


正確に言うと、嫌われることはあると思いますが(特に恋愛テンプレ脳から)、全く気にしないし、相手を嫌うこともないので、長い目で見たら、こっちにアドバンテージが出続ける積算の世界になります。


異性の知り合いも積算でどんどん積み上がっていきます。


人の幸福感は、他人とのつながりや信頼関係でより高まることはいろんな研究で分かっています。


なので、別に結婚するとか、子供が出来るとかできないとかではなく(本当に子供がほしいなら、養子をもらえばいい)、積算の結果、幸福感なり、自己満足感なりを最も得やすいのが恋愛モンスターであり、その本質はネガティブな要素を排除し、全てを受け入れ、肯定していくからなんです。

 


よく読者の質問やコメントで自信が持てるようになりましたーってあるのはそれなんだよね。