スマートフォン解析

娘を玉の輿に乗せる方法

そうか、その手があったかと最近あった身近な例。

玉の輿というのは、家柄とか、育ちとか、経済力とかで釣り合わないほど、高い相手の家に嫁いでいくことです。

単純に考えると、美人であれば、ワンチャンスあるかもと思うかもしれません。

確かにそういう要素はある程度必要です。でも、スーパー美人である必要もありません。


それに、美人だと、それだけ若いうちからかなりの男性にアプローチを受けており、やっぱり、10人から声をかけられると、一人くらい乗っちゃうんですよね。
そして、それは「彼氏」になってしまって、その人の市場価値はどんどん落ちていくのです。

 

molove.hatenablog.com

 

通常、玉の輿と呼ばれるような男性は、家の都合で見合いの話が良く舞い込んできて、たとえ彼女がいたとしても、その人とは別れて、ビジネス上や、家柄の釣り合った相手と結婚するということが多いです。

美人なだけの彼女とかはまさに捨てられる方なんですよ。


玉の輿の相手の男性は、たいてい私立の学校、場合によっては、海外の学校に行っていたりして、その後、家の会社を手伝ったりしています。つまり、中学校以上になると、経済力の差がもろに出てきて、普通に出会うことはなかなか難しくなります。

仮に出会えたとしても、一時の彼女になれるのが関の山です。


しかし、小学生の習い事なら、まだ、チャンスがあります。

水泳、キャンプ、野球、サッカーなど、地域の高級住宅地の近くでやっている体を使った習い事。もしくは、塾やボーイスカウトのような地域全体で比較的お金がかかるあつまりでも良いです。

そこで、知り合っておくんです。

そのため、同じ所にある程度長く通った方が望ましいです。

親としては、他にどんな子供がいるか、聞き出すだけで良いです。
で、他の男の子の話を自然な会話の中で聞いておくんです。

すると、子供は無意識に他の男の子と仲良くなります。


で、大人になって、再会するじゃないですか?

従妹同士であうような感じでもあるし、気心はしれているので、他の女の子より安心感があるんです。

まさに同級生効果ですよ。

 

molove.hatenablog.com

 

 

これで、処女性が高い態度を取れれば、上手くいく確率がぐっと上がります。