スマートフォン解析
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【男性向け】【Q&A 79-5】嫁さん選びのガチャ問題

二つ目の家庭を持つ問題は、結局、嫁さん選びのガチャ問題の恋愛テンプレ脳的な解決法な訳です。


どんな人が自分の嫁さんとしてふさわしいかは、恋愛モンスターはれんモスの数を増やすことで、恋愛テンプレ脳は彼女やセフレを重ねることでなんとなくイメージを持つのですが、どのタイミングで出会った人に決めるべきかはわからないわけです。

 

これはガチャと一緒ですから、一番の女と感じる女性といつ出会うかは本当運次第なんですよ。

と普通は考えるでしょう。


でも、これこそが実は恋愛テンプレ脳なんですよね。


見た目やスタイル、若さから、後から出会った女の方が魅力的だと。

しかも、その女とセックスできるような関係になれたと。

場合によっては、結婚できる関係であると。

でも、結婚してるからそれはできない。

じゃあ、愛人に。となっているわけです。

 

結局、その底辺に流れるのは、ものとしての彼女なんですよ。

いや、二人目の方が性格が合うしというのは、結局、一人目で性格が合うかどうか見極めていなかったせいだし、その二人目が病気になっても、老いても変わらないものなのかというね。逆に自分が一文無しになっても、彼女はついてくるのかっていうね。

 


れんモスがいいのは、相手を選ばないというところであり、違った環境の人であればあるほど、それは力になります。その中から結婚相手がでればそれはそれでラッキーです。

 

で、結婚相手というのは、実を言うと誰でも良いんですよ。

 

ただ二人のレールがどれだけ近くを走り続けそうか、方向性が一緒かどうか、それが見極められれば誰でも良いわけです。

 

あとから綺麗な人も、可愛い人も、若い人もいくらでも出てきます。

 

でも、二人のレールが同じ向きを向いていて、かつ、その路線をずっと一緒に走ってきたという歴史の方がずっと重いんですよ。


何が違うかというと、要するにれんモスベイビーがの育ち具合をちゃんと見ているかどうかなんですよね。結局。

 

 

molove.hatenablog.com