スマートフォン解析

【Club】【男性向け】一般女子と結婚する医師の注意点 マイナーな同じ趣味で10歳差の場合

男性からの相談です。

 

はつかりLv5といいます。

恋愛モンスターのWebサイトには「医師との結婚」というテーマの記事があります。
これは女性が男性医師と結婚したい場合の記事が多いと思います。

男性医師がある女性と結婚したい場合の注意点はありますか?
自分は30代独身男性で、相手は友人からの紹介の女性です。
その女性はかなり年下ですが、趣味が共通(かなりディープな趣味で、このレベルの女性は県によっては数十人だと思います)です。

僕の高校の同級生の職場に転勤してきた若手社員の女性ですが、あまりにも趣味が似ているので僕を含めた顔合わせ会をして紹介してくれました。

僕+僕の高校の同級生+その女性+その女性の職場の部長さんの四人で飲みました。

その後、2人で実際に会って過ごした時間は10時間~15時間です。(共通の趣味イベントに行った日があるので、その日は長時間です)

僕としては、若い彼女の中の恋愛モンスターの1人としてノミネートされたい&数年後に結婚したいと思います。

molove.hatenablog.com

 

の「えっ、一般女子が長く付き合って結婚ってパターンは?って。

ないことはないですが、S級美女以外ではあまり聞きません。
かなり特殊な趣味が一緒とかで、医師だからというより、たまたま医師だった程度のことが多いです。」のパターンなのかなぁとも思っています。

もしも、医師だからという特別な注意点があったら教えていただけると嬉しいです。

僕は医師です。
ちょっとマイナーなスポーツチームの熱狂的なファン同士です。
その趣味は、おそらく70歳くらいまでは続けられます。

--------------------------------------------

他の人のコメントです。


はつかりさん、マイナーな趣味の合う人が見つかって嬉しい!という気持ち分かります。とても大切なことだとおもいます。

私は好みの向く方向が、結構年配の人が好きなことが多くて、たとえば、クラシックカメラ、万年筆、オペラ、白い布を見ることなどで、まあある意味年寄りになっても続けられるけど、逆に言うとお年寄りばかりです。まあそれはそれで問題ないのですが、ちょっと考えていたことがあります。

それは、デート相手が好まなそうな趣味を共有する提案を女性側からするのって難しいなと。というのは、男性がお金を出してくれることが多いので、相手が興味を持てなそうなことには誘いずらいです。かといって、相手にとって楽しめなさそうなことを奢ってまで誘いたくないなと思います。

もんだいは、彼の趣味について行って、違う世界を知るのもいいのですが、それだけだと彼は私の事を理解して好きになっているのではないなと思うのです。

なので、マイナーな共通の趣味を持つ人が見つかって、性格もあって、モチベーションも合えば、それは最高なことなのではないかと思います。
--------------------------------------------


デート相手が好まないだろう趣味を提案するのは、男女問わず難しいですね。
「男性がお金を出してくれることが多いから」「相手にとって楽しめそうもないことを」という考えは思いやりがあって素敵です。


同じ趣味(高校の同級生が「今年赴任してきた女子社員、はつかりと同じ趣味だ!紹介してみよう。」と思ったくらいなので、話は合うと思います。

ただ年齢(彼女は新卒二年目です)を考えると、これ以上交流を続けて仲良くなるのは無理かもしれないと弱気になっています。

--------------------------------------------

はつかりさんは、なぜその女性と結婚したいと思ったのですか?

--------------------------------------------

返事を要約すると下記のようなことでした。


・20年来のつきあいのある友人(彼は世話焼きではありません)からの紹介
・趣味が同じ(試合や選手についての印象や捉え方についても、9割くらい同じ)
・一緒にいて楽しい
・年の差が13歳ありますが。良くないところが僕にあるときは、ちゃんと訂正やツッコミをいれてくれる。
・先日二人で試合を見に行ったのですが、その時の彼女の振る舞いがたいへん好印象でした。今まで彼女と二人きりの食事をしたことはありますが、人生で楽しい日ベスト10に入ります。血縁者以外と過ごした1日としては、ナンバーワンかもしれないと思います。
・知り合ったのは去年の10月に初顔合わせです。
・第一印象は最高!
--------------------------------------------

100人に一人くらいかもしれませんが、ごくごくたまにこういうケースで結婚する例があります。

しかし、引用している記事に書いてあるように、医師だからというより、たまたま医師だったというケースの方が多いでしょう。

さて、注意するべきポイントを挙げておきましょう。

続きはクラブで

 

 

molove.hatenablog.com