スマートフォン解析

恋愛モンスターで人生が楽しすぎてやばいとなる理由

ときどきれんモス集めやれんモス付き合いに疲れましたという人がいるのでなんでかなと思っていたのですが、よくよく考えたら、自分は別にれんモス集めというより、人集めの方に尽力をつくしていて、れんモスは遊ぶときに召喚するスタイルで、れんモスのための種はまくけど、相手はテンプレなので、並列で多数同時進行にして基本放置で、タイミングが合えばというスタイルなので別に疲れないんですよね。

 

 

その代わりずっと取り組んでいるのが人集めです。

 

ラインの友達も1700人を越えていて、リアルなつながりの友人はたぶん20人もいません。リアルはほとんどがFACEBOOKつながりだからです。

 

1700人のうち、実際に会ったことがあるのは、200-300人前後かな。

 

ラインのグループは20-30人程度が一番稼働率がよくて、そこに注力するのも方法なのですが、盛り上がりの時期を過ぎるとどうしても静かになってしまうんですよね。人間関係トラブルがあろうとなかろうと。

 

そういう出会いの中で、一番楽しいのは、処女性が高いテンプレの人との出会いです。それは男でも女でも構いません。


ジョジョの法則が働くので、そういう人とは勝手に仲良くなれます。

 

 

molove.hatenablog.com

 

 

こっちは全く期待していないので、話してみたら面白かったみたいな形で相手は現れます。

 

キャラも年齢もばらばらです。そういうつながりをつなぎ合わせたりして、立体的に人間関係を組んでいくわけです。

 

また、れんモスも基本的にはその人間関係が切れていかないので、ずっと右肩上がりです。

 

つまり、恋愛対象や異性に限らず、人間関係を増やす努力をしていることが大事なわけです。