スマートフォン解析

【Q&A 25-2】医学部女子のための卒業前の結婚準備作戦

昨日の記事に対する返事ではないのですが、続きがあるので挙げておきます。

 

概略は分かってもらえているみたいなので、個々の質問に答えながら、少し追加しておきます。

 

返事ですが、ブログを読み返させて頂きまして、ある程度答えを見つけることができました。


結婚までは身体の関係を持たずに付き合って、その間内面を磨こうと思います。二人で過ごす時間を楽しく面白くなるよう準備して、セックスの流れになるような雰囲気を避ければいいのかなと考えております。


まだまだ未熟な答えですが、ひとまず自分を安心させることはできました。


このブログのおかげです。本当にありがとうございます。


お忙しいようでしたら、もう返事をして頂かなくても大丈夫です。

 

また相談事ができましたら、相談するかもしれません。
(何度も申し訳ありませんが・・・)
その時はまた宜しくお願いします。

 

もしよろしければ、医学部女子向けの記事をまた書いてくださると嬉しいです。
長文失礼致しました。

 

質問ごとに応えていきます。

Q. また女医でも容姿が中以下である場合、相手が不細工であっても医師と結婚できないものでしょうか?最近の女子医学生は数も多く、可愛い又は綺麗な子が多いです・・・。


見た目がそれほど良くないカップルは一般的にも最も上手くいくパターンなので、不細工であればあるほど、結婚も含めてその確率は上がっていきます。


あとむしろ、経済力をつけて、ハゲとかの容姿に難があるが、性格は良好という医師以外の職業の人と結婚する人も多いですが、バーテンダーとか、ゴルフのコーチとか、浮かれた職業の相手だった場合、1,2年で離婚することが多いですね。


また、美人の女医さんは逆に複数の男性と付き合っていると結局、離婚することも多いです。

 

Q. 容姿が中以下のれんもすが少ない女医は、学生時代の彼氏と別れた場合、その後どのような結末になりますか・・・?


二つパターンがあって、他県の病院で働くことで過去の男性遍歴を洗い流せば、チャンスは訪れると言いたいところですが、医師との結婚はかなり難しいでしょう。


処女性がかなり高ければ、年下医師との結婚もありえるでしょうが、相当その実力が必要になります。


むしろ、他県に行く行かないにかかわらず、医師以外の人と出会うパターンでしょうね。あるとしたら、その場合、相手を選り好みはしないことです。とくに容姿の条件はかんがえずに選びましょう。


美人の人の方が結婚はしにくい、できないことが多いので、容姿が中以下であることはむしろ、良い結果をもたらす可能性が高いです。太っているとかがないことが条件ですが。

 

Q. できればその彼と結婚まで持っていきたいのですが、このような5年生以上で初めて付き合った相手が後輩というケースの場合、うまくいくのでしょうか?

 

下の質問とかぶりますが、3年生以降に付き合っていれば、結婚の目は残っています。
学年が違うと常に一緒にいるわけでもないので、適度に距離が保てるよね。


とはいえ、それが絶対上手く行くわけじゃないから、答えとしてはダメなパターンじゃない程度です。

 

過去の答えはこちらにあります。

molove.hatenablog.com

 

Q. できれば特に女子医学生(女医)が男子医学生(男医)と長続きするコツもありましたら、教えて頂けると幸いです。

 

収入面、仕事への理解面、共通の知り合いセットの面で圧倒的にアドバンテージがあるわけですから、ポイントは三つ。

 

  • 相手の勤務条件による移動についていくこと。(を約束できる状態であること)
  • 常に成長し続けること。
  • 浮気に目をつぶること。

 

浮気に目をつぶるというのは、男性側のモテ度にも寄りますが、やはり看護学生、看護師からそれなりのアプローチを、特に卒後2,3年は受けますから、それに対してヒステリーをおこさないということです。


たとえ二股で付き合ったとしても、1,2年で絶対別れますから、子供ができないように避妊だけはさせることですね。


「やりたいなら、たべちゃいなよ。結婚したら、そんなことできないよ」とけしかけることでかえって、いや、やらないというケースもあるだろうし、仮にたべちゃっても、最初からそれ目的でけしかけているので、結婚しようとはかんがえないでしょう。


結婚しようという気持ちはセックス以外の所から生まれるからです。なので、むしろ、50時間の壁を越える前にセックスさせた方が別れるタイミングも早くなりやすいわけです。

 

あと学生時代は、働き始めてからと比べて圧倒的に時間があるので、料理とお菓子作りのスキルは上げられるだけ上げておきましょう。