スマートフォン解析

【Q&A 35-11】 相手に複数のれんモスがいる場合、彼女になった方がよいのではないでしょうか?

今日はここです。

 

あと、恋モスを複数作るということは、相手も恋モスを複数持つことを許すことになる、もっと言えば、そのような関係を保てる相手にはそもそも恋モスが複数いる場合がほとんどだと思うのですが、そうすると、他の恋モスよりも自分が結婚相手として意識してもらうには、やはり彼女になるのが一番かと思ってしまいます。

 

最近、思うのは、やっぱり、彼女彼氏の関係になるべきではないということですね。


彼氏彼女という概念には、私のもの、俺のものという側面がどうしてもついて回るんですよ。

 

確かにれんモスが複数いると、ある意味れんモスベイビーの育ち具合のダービーのようになって、もちろん、相手がよりタイプに近い人がいいと最初は感じるでしょうが、実はベイビーが育ってくるとそれすらも凌駕してくるのです。


で、そのずっとずっと先にあるのは、もう結婚とかしなくていいよね。付き合わなくてもいいよねという状態なのです。


それがれんモスXです。


れんモスWのようになかなかその状態に行きつかないこともありますが、ぎりぎりまでXに接近していくのは違いありません。

 

ところが、付き合ったり、結婚してしまうと、次のステップはもう「別れる」しかなくなるのです。

 

molove.hatenablog.com

 

このとき、ベイビーが十分育っていないと、付き合っている場合はやっぱり違うとなるし、結婚している場合は離婚したり、仮面夫婦になってしまうのです。

 

つまり、何を目指すべきかというと、二人の関係性が高まるだけ高まって、二人でどんな困難も乗り越えていけると、乗り越えていくという覚悟ができれば、自然と結婚しようと思うし、結婚するのですよ。


それが高まっていない状態で付き合ったところで、自分の理想を相手にぶつけてけんかになるだけで結局うまくいかないのです。

 

で、仮にですね。かれが他のれんモスを選んだとします。十分、その可能性はあります。


でも、それであなたの女性としての、結婚相手としての市場価値自体は落ちていません。


単に一時的に沸いている恋愛感情が成就しなかっただけです。

 

結婚できなくても、将来的に結婚する可能性は残っているし、何より、この後も一生同じような関係で付き合っていける保証がついたとも考えることができます。


どんなに離れていても、どんなに合っていなくても、どんなに話していなくても、いつでも同じところから関係性がはじまる二人でいられるのです。

 

そういう二人の安心感はどんな困難に出会った時も、本当に心強く自分を支えてくれます。


よく育った環境や家族に問題を抱えていて、愛することに自信がなかったり、自分自身に自信がない人がいますが、そういうれんモスをたくさん抱えれば抱えるほど、それらは解決していきますよ。