スマートフォン解析

「男の絡みいりません。大事な人いるんで」の不幸とFACEBOOKでの対処法

最近、FACEBOOKでいろいろ観察しているのですが、こぎれいな顔写真をプロフィールに貼っておくと、一日数百件とか友達申請が来るようです。

 

婚活サイトと違って、というか、婚活サイトに輪をかけて、既婚男性も参入していますから、それだけの数になるわけです。課金も要りませんからね。

 

で、こぎれいな女性のサイトはいくつかパターンがあって、

 

  • アフェリエイトでもうけようとか(絶対に儲からないので、儲かり話詐欺で小銭稼ぎ)
  • FXでもうけようとか、バリナリーでもうけようとかの情報商材屋さんが結構います。
  • FXとか、あたるかはずれるかなので、当たった方だけ拾っていけば、儲かるように見えるだけ。
  • 次に、暇つぶしの裏アカですね。リアルな友人は友人にいないわけです。
  • たまにリアルアカがありますが、学校や仕事のつながりが薄い人ですね。


で、いろんな書き込みやダイレクトメッセージが来るわけです。

やらせろとかいう全く意味の無いメッセや、陰部の写真を送りつけてくるとかの話にならないものから、ディスり投稿にそうだよねぇと同調してるふりコメントとかですね。

そもそも、リアルで女の子に相手にしてもらえないから、会ったことも見たこともない女性(とは限らない)相手に絡んでくるわけです。

 

たとえば、クラブでナンパしているイケメンはそんなことはしません。リアルで十分話しかけられるからです。


根本的にはセックスしたいだけなので、仲良くなってもそのセックスしたいカードを出してくるだけです。

 

そういう恋愛テンプレ脳の行動パターンを踏まえてのタイトルになるわけです。

 

しかし、「大事な人いるんで」という他からの情報収集を怠っていると、どんどん捨てられるリスクが増えていくだけなんですよね。

 

といっても、セックス目的の男と単に絡んでいるだけでは確かに時間の無駄ではあります。

 

普通の書き込みをしてくる男は基本的にあなたの気をひきたいわけです。
なので、まじめな質問をすれば、割とまじめに答えてくれます。

 

美味しいレストラン、観光地、仕事のこと、仕事のこつ、業界の裏話、デートの体験、デートの戦略、結婚についての考え方とかをみんなの前で質問します。

 

ちゃんと答えてくれる人に反応していれば、ちゃんと答えればからんでくれるんだと他の男に想わせることができるのと格の競争に持ち込めるのでちゃんとしたネタを用意する必要があります。

 

さらに、質問するときに3行くらいで教えてというわけです。

 

これは1行しか答えない相手に対して、それなりに返事を膨らませる効果と、長々と長文を書く相手に話しをまとめさせる効果があります。

 

要するに相手の
処女性の高さを測るのと、処女性を鍛えるわけです。