スマートフォン解析

【男性向け】ジャニーズ的に好きなられることも、恋愛感情込みで好きになられることも意味がない

モテることの正確な意味がわかってくると、やるべきことと、やった結果が正比例して増えていくようになります。

 

撃ち漏らしやフェードアウト、ガン無視などは基本相手の処女性が低いだけであり、より楽しくなることはないので気にせずスルーしていけばいいだけなわけです。

 

女性の立場で言うと、いきなりのセクトラ、下ネタトーク、彼氏いるの?攻撃、やれないからのフェードアウトなどがそれに当たるでしょう。

 


さて、タイトルの件ですが、クラスの中で「かける君、格好いい」っていろんな女子が言ってるよというのは、要するにジャニーズ的なモテ方で、狭いコミュニティーだと立ち回りを間違えると総スカンを食らいます。かといって、距離を置いていても何も進まないし、特定の人と仲良くしているとねたみの対象になるので、バランス良く付き合っていく必要があります。

 

器量は悪いが性格がいい人や、見た目は普通だが処女性が高い人を、メインの交流相手にすることが一つの攻略法になるでしょう。


また、そういった中で、恋愛感情からの「好きです」攻撃をくらうことがあるでしょうが、これはあなたのことをまるでわかっていません宣言なわけでにっちもさっちもひとみちゃんなわけです。

 

いわゆるモテていると思われるこれらの二つの現象は全くモテていないんですよね。
少なくともその状態では互いの理解が進んでいるわけではないからです。

 

その時点では何も充実感はないわけですよ。

 

その先にとりあえず付き合ってセックスがあるから、それを報酬と勘違いして、モテている、羨ましいと感じるわけですが、性欲が満たされる以上の快楽はないわけです。

 

本当にモテている状態では、互いに信頼関係が強いので、別にセックスなんかしなくても、それ以上の充実感が得られるわけです。


それを意識できると、上記の二つが全くモテているようには見えなくなるわけです。