スマートフォン解析

【Q&A 273-5】 セックスしてから付き合うにどういう意味があるのか

クラブやそれこそコリドー街からのお持ち帰りでワンナイトとか。
合コン、カラオケ、終電逃した後のワンナイトとか。

 

知り合って、すぐにセックスしてしまい、何の気なしに「私たち、付き合う?」という発言がでることがあります。

 

ほとんどの場合がそれっきりなのですが、互いのどちらかが異性不足だと、そういう提案がなされることがあります。ただし、これはお互いそうであった場合と、提案する方が容姿や収入面など条件的に良かった場合に合意されるだけで、ほとんどが流れることが多いです。

 

さて、ここで付き合うというのは、

定期的に会ってセックスする関係になること
互いにほかの異性にちょっかいださずに独占しあうこと

の2点の合意を求めているわけです。

 

上は言葉で見て通り、あからさまにセフレの説明です。


下はすぐにセックスできたような相手だから、少しでも魅力的なほかの異性とも同じことをする可能性も高いわけで、独占する意味あるの?という雰囲気がでるため、提案の中にほかの異性と遊ぶのは別に構わないからと、セフレの上乗せ条件が付くこともあります。

 

要するにひまつぶしというか、体面上、彼氏彼女がいる設定にしたいとか、性欲を満たしたいとかが一義的な目的になるわけです。

 

しかし、彼氏彼女がいる人と結婚しようと思う人はいないので、婚期も遅れるし、市場価値も下がりっぱなしです。


で、さらにこの付き合い始めたくだりを無視すると、その辺にいる彼氏彼女と大して変わらないわけです。

 

 

束縛されるというのは、理想の、もしくは、より良いパートナーとの出会いをゼロにするということです。

 

すると、そもそも、その付き合った相手との関係性を上げるインセンティブもなくなるわけです。

 

だって、相手はより良い相手を探せない状態になっているので、別によりひきつける必要性がないからです。

 

そりゃ、付き合ってしまうと、どんどん退屈になっていくはずです。