スマートフォン解析

【Club】他人の気持ちを考える必要がない理由

あの人がこう思っているんじゃないのかとか、

嫌われているんじゃないのかとか、

あの人がこう思えるようにこうしようとか、


他人の思考を推測したり、他人の思考に配慮することほど無駄なことはありません。

 

 

もちろん、周りの人が楽しめるようにある程度の配慮はします。しますが、あとはほったらかしで大丈夫です。他人のために良かれといった言葉も相手の状況では逆効果になることもあることはなんとなく想像できると思います。


で、仮に相手が怒り出したとしても、意味不明なら放置で構いません。こっちは何も思う必要はないし、相手の思考を理解しようとする必要もありません。


というのは、理解したところで、何にもならないからです。常識的に考えてゆがんだ相手の思考に合わせても、相手が正常化したら、ゆがんだ思考に対応してゆがんだ対応法を身に着けた自分がゆがんでいるという結果が残るだけです。


そうやって、いろんなゆがんだ相手にいちいち対応して、さらに相手がどうゆがんでいるか推測して、それに対応してもそれが相手のためになるわけでもなく、今度は自分がゆがんでいくだけです。

 

嫌われていることを心配することも同じことです。これも相手の思考がゆがんでいる状態ですから、受け入れようが、反発しようが、相手は変わりません。そういうタイプを変えたいんだったら、別の方法があるわけです。


こういったゆがんだ相手に対応するベストな方法をクラブに短く書いておきます。


続きはクラブで。

 

molove.hatenablog.com