スマートフォン解析

映画のような偶然の出会いの作り方

タイトルだけメモにあって、内容を全く覚えていませんが書いてみます。

割と誰もがあこがれると思うわけです。

ちょっとしたアクシデントなんかで知り合って、次に似たようなアクシデントで再会するとか。

出会いが発展するには二つの要素が必要でしたが、上の例だと、アクシデントと再会したという偶然の二つの要素です。

 

ポイントは二度以上会うということと、知り合いになるというところで、知り合いになるは話が出来る関係になるということです。

これを実行してかつ条件が揃う確率を上げるように拡張すると、

同じところに通う

自然に話しかけたり、話かけに応じる


この二つを意識すればいいわけです。

たとえば、同じスタバに通って、店員さんと少し話をするとかが最初はいいでしょう。

行列の出来る店に通って、前後の人と話すでも構いません。向こうも暇なので意外と話が出来たりします。

行列に並んでいるとき、前後にいる人たちが話している内容の答えを知っていたら教えてあげるでも構いません。この場合、二度目のフラグは立ちにくいですが、知らない人と話すスキルは上がります。