スマートフォン解析

付き合っていて好きなのに苦しいのメカニズム

相手との連絡が上手くいかなかったり、遊びたいタイミング、会いたいタイミング、話したいタイミングで話せないことにいらいらしたり、苦しい思いをすることがあると思います。

 

付き合っている場合でもそうだし、非モテコミットしている場合はもっと強いでしょう。


これは要するに相手が自分の思い通りになっていないことに対するいらいらですよね。
二人で話していて楽しい体験があって、いつでもそこに行きたいのにいけない状況に対するいらいらです。

 

二人で信じ合っている、信頼し合っていると思い込めている状況じゃないことに対するいらいらです。


これは私も会いたいんだけど、今はこれこれで忙しいから終わったらすぐ連絡するとかの意思疎通ができればかなり楽なのですが、必ずしもその気持ちが伝わっているわけでもなく、それが結局、ヒステリーや束縛に悪化していくことになったりするわけです。

 

しかし、ヒステリーや束縛で相手の気持ちがこちらの思い通りになるかというと、全く逆なのは論理的にも感情的にも分かると思います。

 

では、どうすればいいのかとなりますよね?

 

ちなみに「好きなのに苦しい」は凄く当たり前の状況です。

好きというのは、相手のことがよくわかっていないという意味なので、苦しいのは当たり前なんですよね。


ということは相手のことをよく分かればいいわけです。それは逆に言うと、「好き」ではなくなる。相手のことを所有したい、独占したいという気持ちから離れるということですが、それって、諦めるってこと?となると思います。

 

そこで、二つの状況を考えてみましょう。


一つは非モテコミットしていないれんモスと上手くいっているときの状況です。
この状況の時は単純に楽しいだけです。というのも、独占欲も所有欲もないからです。

相手に恋人がいようが、配偶者がいようが、結婚したいわけでもないし、結婚しなくても欲しい関係性は手に入っている状態です。

 

どれだけ会ってなくても、話せてなくても、距離が遠くても気持ちにぶれがない状態です。

この状態になれるのが理想なわけです。

 

 


もう一つの状況はすでに結婚している状況です。
この場合、どうこうして欲しいということは伝えやすいし、仮にだめでも常に次の機会がある状態です。
たとえ、けんかしてもそのうち上手く行くときもあるし、やっぱり駄目なときもある。ただ、トライする機会はいっぱいあるという状況です。

 

 


この二つの状況は意識してなっているんじゃなくて、自然になっているんですよね。
何も期待していない相手だから、逆に凄く楽しくなったり、
結婚は必然だから、いつのまにかそういう状況になっているわけです。

ということは、何も期待しない、何も評価しないという待ちの姿勢に戻る意識が結果的に一番良い状態を引き込むのでしょう。