スマートフォン解析

相手を責めることで自分の欲しいものが手に入るわけではない

ヒステリーとかDVとかの温床ですが、パートナーが自分の希望通りにならないから怒ったりすることはどんなカップルでもあると思います。

 

逆に我慢して飲み込むということもあるでしょう。

 

理想の相手や希望の相手を押しつけようとしているだけですが、そこで相手を責めることでどうなるでしょうか?


怒り狂っている相手が面倒くさいから、とりあえず、言いなりになることはあるでしょう。
怒っている相手にとっては、少し自分の思い通り、自分の理想通りになったけど、いやいやしているのは目に見えているので、納得もしていません。

 


責めるというのは相手を受け入れていないということであり、当然、相手も居心地はよくないわけです。

 

しかし、希望を伝えないとこっちの気持ちや想いは伝わりません。

 

ということで、できることは、ため込まずに希望は伝えるということです。と同時に相手の希望はできるだけ叶えてあげたり、やらせてあげることです。

 

物理的にできないこともありますが、できることはそのままやらせてあげましょう。
ただし、それはして欲しくないという形で相手の希望を否定することはやめた方が良いです。

 

そうすることで、こうなりそうだからやめた方が良いと思うという風に相手の不利益になりそうなことがあったらそれを伝えるだけにしておきましょう。


ものごとは必ずミラー効果があるので、それを継続していれば、互いにやりたいことはやる。不利益になりそうなことは避けるという形ができてくるはずなんですよね。

 

人の考えや希望や価値観は常に変わっていきます。変わっていくことを受け入れながら生産性や楽しさを上げるには次々にやりたいことを好きにやらせ合うことが一番、悔いのない人生、やりたいことが出来た人生につながるわけです。