スマートフォン解析

恋愛モンスター

「恋愛 信頼」でGoogle検索1位(2020正月)の最高の幸福感を得られる方法

【男性向け】モテる男は、女性の性癖、性欲、男性遍歴を聞き出そうとはしない

恋愛テンプレ脳のDQN男子は、合コンとかで男性遍歴を聞いてきますよね。

それはダブルバインドになって、セックスする上で優位な立場をとれるからです。

 

経験がなければ、経験が少ないから未熟だと、もっと大人にならなくちゃと相手のコンプレックスをついて、俺が優しく教えてあげるからというポーズをとれば、焦っている子はこの人でいいかとなります。

彼氏がいても、他の男とやっちゃったエピソードを引き出せれば、自分にもワンチャンあるので、わかってあげた風を装って詰めるときに少し強めに引っ張って、おまえが悪いんじゃない体を作ってあげれば、ホテルには持ち込めるでしょう。

 

これはどちらも自己評価の低さを追確認させているだけで、実は相手の男は誰でもいいわけです。その誰でもいいポジションに入ることで関係性も切れやすいので、男としても使い捨てしやすくなり、一石二鳥な訳です。

 

当然、その相手の女性からは、デリートされて、二度と会いたくも、見たくもない存在になります。

 

セックスできたことがメリットであり、将来、自分の好みの女性、理想の女性から相手にされなくなるのがデメリットですね。

 

さて、モテる男は、 理想の女性と結婚できる男ですが、別の言い方をすると、そういう女性も含めて、いろんな女性から信頼される男です。

 

ということは、上記のようなDQNの男と逆ということですから、女性の性癖、性欲、男性遍歴には一切触れない男ということです。

 

本当に信頼されていると、勝手に女性の方から基本情報は言ってきます。ただし、最初だけです。本来、話したい話題でもないので、その後、話に出ることはほとんどありません。

その話をしたから、二人の関係性が上がるわけでもないので、むしろ、触れないことが逆に信頼度が上がって、関係性を上げてくれます。

 

結婚が必然な状態というのもそういう信頼関係を経ることで初めて到達できる世界であり、その状態になると、もはや、過去のことはどうでもよくなっているはずです。

 

 

本当のイケメンも、次から次に女が寄ってきて困るので、セックスにつながりそうなそういうネタは振ろうとしません。結果、さらにモテ度が上がって、もっと困ったことになる状況になり、引きこもったりするわけです。