スマートフォン解析

恋愛モンスター

「恋愛 信頼」でGoogle検索1位(2020正月)の最高の幸福感を得られる方法

既読スルー、未読スルーにどう対応するべきか

異性とのやり取りでままあると思います。

男性から女性に送るときは、いきなり声をかけたり、誘ってもほぼ無視されます。ブロックされることが8割くらいでしょう。

少なくとも、こちらがどんな人かある程度相手が把握して、多少なりとも信頼を獲得していないとほぼ無視されます。

 

それが既読スルーと未読スルーです。

 

仮に信頼されていたとしても、既読スルーと未読スルーを喰らうことがありますが、その理由は一言でいうと、「めんどくさい」です。

それ以上もそれ以下も意味はありません。

 

  • 説明するのがめんどくさい。
  • 今忙しくて、それどころじゃない。
  • 断る理由を考えるのがめんどくさい。
  • 嘘の理由をいって断るのがめんどくさい。

 

リアルに会える相手であっても、キャラによっては、普通にめんどくさいで返事がないこともあります。

 

答えたくなるような問いかけをしたらいいんじゃないかという場合もあるし、そんなの関係なく返事がない、もしくは大幅に遅れることはあります。

 

本来はどんなに短くてもいいから、一言だけ返事をしておいた方がいいのですが、それが遅れたり、忘れたりすることもよくあります。なので、その短い返事に短すぎるとか何らかの意味合いを見出す必要もありません。ただし、締め切りがあったり、ほかの人を探さないといけないような用事はすぐに返事をするべきですが。

 

 

それ以外は、返事がないことから、相手がどう思っているか推測しないこと、決めつけないことです。

 

仮に怒っていたり、悪い感情を持っていたとしても、リアルに会って話せる関係になっていたら、それは自然にいつかおさまって変わっていきます。むしろ、その後々変わった相手をそのまま素直に受け入れることが大事なのです。

なので、今の時点で、相手が悪い感情を持っているからとか、持っていそうだからとかでブロックしたりするのは愚の骨頂ということです。

他人を憎み続ける、嫌い続けるというのは、ものすごいエネルギーがいるんですよね。

 

そこに駆け引きはないんですよ。

もっというと、そのラインの言葉にも特に意味も意図もありません。

大事なのは、自分自身が心をオープンにして、そこを動かないということです。