スマートフォン解析

【Club】生理的にセックスするのが無理ってどういうこと?

ぐるちゃであった話ですが、短く編集してみます。

生理的にセックスするのが無理だったんじゃないのか?という話の流れが出来て、
-----------------------------

れんモスってこういう問題起こりやすそうという気もしてます。
結婚するまで物理接触したことなかったけど、
結婚していざしようとしてみたら実は生理的に無理だったことに気付いたとかありそう。

-----------------------------
処女の場合だと比べる対象が無いし慣れてないからかもってなりそうだから結婚前にHしないほうが良いような気はするし、れんモス的にも非処女の場合でも結婚前にHしないほうが良いとされているけど結婚したいと思った人の前に何人か経験していたら生理的に合う合わないがある程度分かっているから違和感は強そうだと思う……

-----------------------------

握手で分かりませんかね?
私は握手である程度自分の好みを把握してますよ(笑)

-----------------------------

握手した何人かとセックスしていてその感覚が合っていた経験があるから「判断出来ていた」ってなる訳だから答え合わせする前だったらそれが正解か分からないのかなーってのが疑問でした。
-----------------------------

握手して、「この人とはしたくないな」と思うからです(笑)

-----------------------------


いわゆる一般的に生理的にキツイと言われる方と遊びに行ったとき、拒絶感を覚えたことが殆どないのですが、結婚するとなるとまた違うのでしょうか

-----------------------------

はじめにセックス出来ないと感じてても、関係が育ったら出来るとかもあり得ますかね?
最近よく会ってたれんモスと、50時間くらいになって、やっぱりセックスしたくないと思いました。
結婚の条件は合ってて、結婚ありかと思ったけど、やっぱり無かったです。

-----------------------------

セックスって身体を張ったエゴとエゴを満たし合う究極のコミュニケーションだから、繊細に心の機微が分かる同士でないと楽しめないと思う!

-----------------------------

生理的な部分以外はオッケーなの?私は、精神性がアウトだと思うと、性的にもアウトって思います...
逆に精神性が上品で素敵だったら、お爺さんでもアリかも!
ただ、子孫のことを考えると、自分が誰に惹かれてるのか分からないのが難点...

-----------------------------

生理的に無理かどうかのラインは私としては見た目、匂い、清潔感、気遣い、仕草とか色々な総合点で決まるしどこが重視されるかは人にもよるけど公に見せている姿とプライベートの姿が違ったりもするからプライベートの姿で無理ラインに入ることはあるんじゃないかなぁと思う。余裕でOKラインの人がパンツでウロウロしたりおならしたりしても微笑ましいけどギリギリOKラインの人が同じことすると気持ち悪く感じてしまう的な(笑)そういうダサかったりだらしなかったりする部分も受け入れられる人と結婚するのが上手くいくんだろうけどなぁ。友達としてはすごく楽しかったりするから難しい。

-----------------------------

ベイビーちゃんと育っても生理的に無理なのが変わらない場合も多々あると思います。

今のれんモスXは最初からずっと生理的に受け付けません。
Xで家族感覚になってしまってからではなく、初期も、育って来てBあるいはGからのXに移行する前のAと思われる時期も
ずっとセックスは無理だと思ってました。
結婚もありかな〜と思う瞬間もあったけど
セックス無理だー
やっぱ結婚無理だー
って思ってました。
無理矢理しようとすれば出来るんだろうけど、
生理的に受け付けない相手とすると激しい自己嫌悪感に襲われそう。

ここまで言ってるとその人のこと嫌いなの?
って思われそうだけど
人間的に好きだし心の底から信頼してます。
たぶん一生縁切れないし。

---------------------------------

セックスが合うから結婚したとか、セックスが合わないから別れたとか離婚したというカップルはほとんど聞いたことがないでしょ?

 

これはどういうことかというと、ずっと一緒にいるときの問題の方がセックスよりずっと大きいからなんですよね。

 

よく離婚した人にどうして別れたのか聞いても、意味がよくわからないことがあります。もちろん、その中にはいわないだけでセックスの問題もあるかもしれませんが、最初に挙がってくる理由はセックスではありません。あくまで生活上の問題です。

 


臭いに関しても、その人のそれまでの食生活、元々持っている雑菌の種類、わきがの原因となるアポクリン腺の遺伝的背景の違いによる構造的機能的違いがあるだけで、結婚生活の問題とは全く関係のないことです。だいたい臭いは慣れが生じるのでそのうちわからなくなったり、逆に好きになったりします。その変化は生理的条件ではなく、あくまで心理的条件です。


握手でわかるというのも、もう見た目で選んでいるだけですよね?

 

超好みの男性だけど、手が汗ばんでいる人と
チビデブハゲだけど、柔らかくて包んでくれるようなソフトな握手をしてくれる人を顔を見ずに握手して同じように判断しますかね?

 

もっと理解するべきことはたくさんあるはずです。それらを得る努力を放棄していることと同じです。

 


たとえば、自分がセックス好きの6割の女だったとして、年を取ったときに、パートナーからおばさんとは生理的にやれないわといわれたらどうでしょうか?
生理的にやれるやれないではなくて、パートナーの性欲を満たしてあげたいと思えるような大事な相手かどうかが重要なんですよね。

 

セックスはセックスです。

 

物理的に無理というのならわかります。
無理な体勢の体位を求められて無理とか、フィストファックを要求されて無理とか、そもそも勃起障害で無理とか、それは無理です。

 


生理的に無理って、要するにあいての見た目や生活習慣で無理と言っているのと同じなんですよね。

 

その背景は、要するに恋愛テンプレ脳的な刷り込みがあって、別にセックスしているときはほとんど何も考えていないので、コミュニケーションするための思考的言語的選択肢が一番少ない状態であり、まさに何も考えなくてもできるコミュニケーションという意味では究極のコミュニケーションなわけです。

 

じゃあ、なんでセックスに愛情やら特別な効果を求めてしまうのかというと、独占欲を満たしてくれるわかりやすい指標だからです。

 

社会的ルール上、セックスは基本的に特定の一人としかしないことになっている。だから、自分とセックスしているということは、自分が特定の唯一の人間であることが期待できる。そういう意味で特別な関係だと、構造上信頼できるということです。実際の心理的な信頼関係はなくとも、成り立ち得るからです。

 

だから浮気したら怒り出すわけです。独占している状態が不確定になるからです。

 

自分が特別な存在であることが不確定になるからです。

 

と同時に相手を理解することに対する努力や意識やモチベーションが上がらなかったり、その意義が理解できない、感じ取れないわけです。
独占できている、相手が自分の思い通りの相手であると感じることを否定するようなデータばかり得られるからです。


生理的に無理というのは要するに相手に自分の理想を押しつけているだけなんですよね。結婚してその人が病気や事故で生理的に無理と感じるような何らかの障害を受けたときもおなじ事を言うんですかね?


このように感じるのは恋愛モンスター的な信頼関係を体験したことがないからですよね。要するに。


結局、相手をもの扱いしているわけですが、それはそれで正しいわけです。セックスするためのもの、まさに肉便器そのものです。

 

彼がやりたがっているから応じたとか、たまっているからやってあげなよーーーというアドバイスもまさに性欲を満たすための肉便器としてはおまえが現状最適なんだからおまえが肉便器になりなよということとおなじ事です。これは男にとっても女にとってもです。

 

相手のことを理解する、受け入れるという要素はそこには全くありません。
そりゃ、別れたり、レスになるはずです。


独占状態が続けば、結婚するかもしれないし、結婚したらセックスはするんだからいいだろ的な意味合いも含まれていますが、セックスしたことは結婚する事の条件には入っておらず、強いていえば、妊娠したらというのはありますが、その場合の離婚率は44%であり、付き合ったカップルの8割が別れることまで勘案するとあまりにも女性側には不利な賭けになりますね。


さて、最初に戻って、生理的に無理は二つの意味があるのですが、それについてクラブで説明してみます。

 

続きはクラブで。

 

 

molove.hatenablog.com