スマートフォン解析

電車で老人に席は譲らない理由

基本的に電車で老人には席を譲らないと決めています。

 

と同時に絶対に譲る相手も決めています。

それは妊婦と、子供を抱っこしている人です。そういう相手は遠くにいても座るように持ち掛けます。


老人に譲らない理由は、その方が足腰のトレーニングになるからです。
毎週毎週、寝たきりで10年とか15年とかの老人たちを見る機会があって、老いに対する恐怖があるのと、
90歳でも元気だったばあちゃんが入院で一気に歩けなくなって寝たきりになったこともがあるため、
やはり足腰の強さがその人の残りの人生の豊かさに直結しているんだなと実感しているからです。

 

だから転倒防止の比較的安全なトレーニングとして電車で立っておくのは効率が良いわけです。

 

同じように足腰を鍛えるためという理由で子供にも譲らないのですが、明らかに痛くてつらそうにしている老人とか、眠くてふらふらになっている子供とか、足腰が弱すぎてふらふらの子供には譲るようにしています。