スマートフォン解析
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男は出会って1時間で結婚を決めている

1時間という時間自体にはあまり意味がありません。10分のこともあるだろうし、普通に知り合って、2回目にちょっと話したときかもしれません。

 

よく言われるのは、
「出会ったときから、この人と結婚しようと思っていた」
「付き合う前から、結婚するならこんな人かなと思っていた」
「結婚するならこの人と思いながら付き合っていた」

 

 

いったい何が起こっているのか、
このブログで一番読まれている下記の記事を元に説明していきましょう。

 

molove.hatenablog.com

 結婚を決断する条件は下記の4つでした。

1) 本人の将来的な安定性確保
2) 物理的条件
3) 性格の一致
4) 忠誠心

 

まず、男は結婚できる状況になって初めて結婚を意識し始めます。
誰かと結婚したいなと感じるわけです。
そのとき、付き合っている人がいるかどうかはあまり関係ありません。
それが1)の条件です。

 

 

で、それまで知り合った女性を含めて、回りの結婚できる女性をサーベイしていきます。
そこでチェックされるのは一言で言ってしまうと、「処女性」です。
それと2)の物理的条件です。同じ場所に住めるかどうかですよね。

 

 

もうちょっと具体的に書くと、
まず、独身かどうかをチェックしています(リアルに出会う前の人づてのことが多いです)。
外見から、話し始めたところで処女性チェックです。
途中の早い段階で、物理的条件のゆるいチェックが入ります。
すべてパスすると、結婚相手候補フォルダーに入ります。

 

 

大事なのは処女性の中身ですよね。最初の10分くらいでそこは評価されてしまうわけです。


まず、外見は結婚後に一緒に歩いたり暮らしたりすることを想定しているので、パーティーに行くような派手な格好は敬遠されます。
ただし、キャラがパーティー仕様であれば、なくはないですが、それでも、戦闘体制全力では無理でしょう。


派手な化粧がNGなのはこの点です。どうせ結婚したら、朝は化粧していない顔をみないといけませんからね。

 

molove.hatenablog.com

 

処女かどうかもアピールポイントなのですが、出会って10分ではそれを明らかにすることはできません。


なので、態度が大事なのです。身持ちが良さそうと思わせないといけません。それだけならガチガード娘。が有利そうですがそれだと今度は3)の性格の一致度がつかめないのですよ。

 

molove.hatenablog.com

 

molove.hatenablog.com

 

molove.hatenablog.com


ある程度、自分の性格をオープンにしておかないとその辺が判断できないのです。
後々、価値観の一致度で問題が出ることがあるのですが、性格の一致は要するに「話しやすい、お互いに取り繕わなくていい」ということなので、うそ偽りのない状態で自分を隠すことなくオープンにすることが大事です。

 


4)の忠誠心に関しては、その時点で彼氏がいないとかで十分です。後々、効いてくる項目なので。

 

あとは細かいところで、ちょっとずつポイントを貯める感じで、結婚したいフラグが立ちます。


また、この時点で恋愛感情はありません。

恋愛感情には、リスクが必要なのです。うまくいかないかもしれないという恐怖です。
なので、この後、デートに誘ったり、プロポーズするときにリスクが生じるので、恋愛感情が湧き出てきます。

 

もちろん、男性が結婚したいと思っても、その相手とすんなり結婚できることはそうそうないので、この試行は男性のモテ度によって、複数回行われます。

 

ポイントは2点です。


この男性の決意は女性には明らかにされません。なので、アプローチしてきた男性が結婚するつもりかどうか女性にはわからないということです。

 

もう一つは短時間でフラグが立つため、女性は常に最大能力を発揮していないといけないということです。つまり、自分の生き方がもろに結果に直結するのが結婚です。

 

男性側も含めてこの点をもう少し分析してみます。

 

 

 

※この記事は【Q&A 17-35】の答えでもあります。