スマートフォン解析
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋愛テンプレ脳と恋愛モンスターの40代を図でわかりやすく説明するよ

前回の説明の続きです。

 

molove.hatenablog.com

 

恋愛モンスターには時間軸で自分の人生を俯瞰するインテリジェンスが必要と書きました。

 

molove.hatenablog.com

 

40代をテーマにした記事はいくつか書いていますが、それらを違った角度から図にして説明してみます。

 

molove.hatenablog.com

 

molove.hatenablog.com

 

それらを恋愛テンプレ脳恋愛モンスターに分けて書いていきます。


結婚している場合と、していない場合でも分けて考えてみましょう。


まずは結婚していない場合


美人の40代はちょこちょこ見かけます。恋愛テンプレ脳でちょこちょこ男性経験はあるけど、結婚にいたらず、かつ、活動範囲もそこまで広くないので誰からも引き取られなかったというありがちなパターンです。


今回は幸福度を恋愛に関する脳内ドーパミンレベルで表現してまとめてみます。

 


最初に恋愛テンプレ脳で未婚だった場合です。

f:id:MOLOVE:20151230193348j:plain

f:id:MOLOVE:20151222234054j:plain


E君からはプロポーズされたのですが、A,B,C君のこと、さらには、A君、B君の嫁のぶさいくさを考えると納得できず、結局断ってしまいました。30代になると、モテ度が半減するのですが、その分、婚活をがんばって、二人と付き合うも男性のランクは下がる一方で結局、一人が気楽でいいやと思うようになっています。


sexしている分、その10-20分間だけの興奮度は高いです。代償として、女としての価値が下がっているのと、付き合う人数が増えるたびに自己評価も低くなってきます。別れる前は疑心暗鬼になっており、結構なストレスがあるので、それも良し悪しですね。
さらに40代になると、恐怖の孤独感が待っています。

 

molove.hatenablog.com

 

一方、未婚恋愛モンスターの場合が次です。

f:id:MOLOVE:20151230193414j:plain


まぁ、普通は結婚相手が見つかるはずですが、見つからなかった。もしくは、キャリア重視で結婚しない場合もあるでしょう。


こちらは、れんモスの数が増えるほど、つまり、恋愛モンスターのレベルが上がるほど、セックスしていないとき、つまり、起きている時間全部なのですが、やる気と自信が増えていきます。


この辺は読者の質問の最初の下りで何度か言及されていますよね。

 

次に結婚した恋愛テンプレ脳です。

 

f:id:MOLOVE:20151230193428j:plain


まぁ、結婚した相手によっていくつかパターンに分かれますが、まず、相手のランクは確実に低めです。
ただ、相対的に自分のほうがランクが高いので、男性はつくしてくれることが多く、その意味では楽です。
ただし、やっぱり、格好良い立ち振る舞いはできないわけですよ。そりゃ、女を落とすことに特化した見栄えのよさを発揮していたそれまでの男に比べたら、物足りないはずです。


結婚相手の女性体験が多かった場合、セックスレスになる可能性が高くなります。それまで、短期間で次々に相手の女性を入れ替えていた体験からいまさらじっくりとセックスしていくなんてことは無理だからです。


とはいえ、女性も性欲はありますから、たまに浮気したりなんてこともあります。その場合、上書き保存で夫に対する愛情も冷めますから、仮面夫婦突入です。


一方、結婚相手の女性経験が少なかったり、なかったりしたら、セカンドヴァージンプロブレムに突入です。

 

molove.hatenablog.com

molove.hatenablog.com

molove.hatenablog.com

 


なので、結婚しても二人でずっと仲良くというパターンは、実は相手のランクがかなり低いけれど、社会的地位が高い場合で、浮気もしないけれど、セカンドヴァージンプロブレムも比較的少ない場合ですね。


最後に結婚した恋愛モンスターです。

f:id:MOLOVE:20151230193441j:plain


ここではあえて、恋愛テンプレ脳に合わせてE君にしています。


まず、処女であった場合、男はほぼ尽くさざるを得ません。たとえ、A君でも、B君であってもです。


処女ではなくても、処女性が高ければ、ほぼ同じような状況には持っていけます。


相手次第ですが、セックスレスになることは、あまりないでしょうし、結婚した後はガンガンして下さい。
結婚は生活なので、好きな人とラブラブなんて甘いものではありません。半分はけんかです。
そのときに絶対にけんかにならなくて、性的関係にもならない異性の話し相手が複数いる状態です。
すると、家庭でのヒステリーも緩和されますから、だんなさんのストレスも減るわけです。

 

極めつけは、夫婦どちらのれんモスでもいいですが、合同家族旅行なんかも行けるようになったりします。

 

 

※この記事は【Q&A 17-9】の答えでもあります。